本文へ
船方農場
イベント あそぶ 食べる 農場マップ アクセス トップページ
企業情報 製品情報 Hot!みるく アスコット倶楽部 リンク集 サイトマップ

トップページ過去の新着情報>船方農場 春便り1

船方農場 春便り1


▼▼▼▼春の陽射しに誘われて▼▼▼▼


 3月中旬のこと、「寒の戻りで寒いねぇ」と話をしていたと思ったら、5月中旬の気候、何とも寒暖の差が激しい昨今、もう、4月になります。
 農場も、温かい陽射しに誘われて土筆がカオを出しています。
 水仙や桜など、花々が一斉に咲き出しました。春の農場風景のご案内です。


∞∞∞∞∞放牧を開始!!∞∞∞∞∞


時折寒い日もありますが、牛の放牧を開始しました。
澄み渡った晴れの3月28日、牛5頭を出しました。
えさ小屋の辺りに集まってこちらを、じっと見ておりました。






∞∞∞∞∞牛舎に「スタンチョン」を取り付けました∞∞∞∞∞


スタンチョンは牛の頚部を挟んで牛を安定させるつなぎ止め具のことです。



∞∞∞∞∞(有)船方総合農場畜産部 藤井さんのレポートにて∞∞∞∞


 「電子版の記事を読んだのですが、ドイツとチェコの共同研究チームの発表によると、牛が横になる時の体の向きを分析したところ、ほぼ、南北方向を向くという統計が出たそうです。牛は地磁気を感知する能力があるようです。太陽の位置や風向きと体の向きとは無関係であり、地理上の北極点と地球磁場の北磁極とのズレが大きくなる北半球の高緯度地域では、牛の体は、より磁極方向に向いていることが分かったようです。
 この調査は、グーグルアースを利用し、世界中の380カ所、8510頭からデータをとったようです。チームは地磁気と平行になった方が、生理的に良い影響があるかも知れないとの事です。」


よだれを垂らしていつもモグモグしている牛さん、改めて牛の神秘を知りました。
牛たちがゆったりと、ほぼ南北方向に向いて横になっています。


 



∞∞∞∞∞園芸コーナー∞∞∞∞∞


 


 園芸ガラスハウスでは、夏野菜のカットパックや日日草等、夏の苗物の管理・出荷に追われています。また、これからの季節、欠かせない大事な作業、水やり。

 昔から日本の園芸世界で格言のような言葉。「水やり三年」。
 植物を腐らせたり枯らしたりせずに、ある程度の水やりの感覚が解るのには少なく見積もっても三年の歳月がかかるということ。




∞∞∞∞∞春の陽射しに誘われて∞∞∞∞∞


 以前、グランドゴルフ場にしていた場所に、幅5センチぐらいの「スラックライン」なるモノを張って頂きました。わかりやすく言いますと、「綱渡り」の綱の様なものです。
 まだまだ、日本では聞き慣れない遊びですが、旧グランドゴルフ場の一角に地上50センチの位置に張っておりますので、興味のある方、いざ、挑戦!!
 バランス感覚を鍛えることが出来るそうです。
 風の強い日でしたが、親子づれの方々が楽しまれました。


 



牛舎周りから園芸ハウスにかけて、

見学路に解説付きの案内看板を設置しております。

春の農場内を散策されては如何ですか。

新しい発見があるかも知れません。
 


[2014年3月]

メール。お問い合わせはこちらまで   所在地:〒759-1513 山口県山口市阿東徳佐下11450-39 電話083-957-0369(代表)
Copyright(C)2000-2003 MILK TOWN.inc. All Rights Reserved.