本文へ
船方農場
イベント あそぶ 食べる 農場マップ アクセス トップページ
企業情報 製品情報 Hot!みるく アスコット倶楽部 リンク集 サイトマップ
トップページHot!みるく>99号

Hot!みるく  
99号
目次
 ◆  今年の稲刈り風景
 ◆  農業実習を受け入れ
 ◆  ザツ・ざつ・雑学
 ◆  (株)グリーンヒル・アトーからのお知らせ
 ◆  あなたの街にお邪魔しています
 ◆  (株)花の海 船方園芸便り
 ◆  ようこそ!(株)花の海へ〜&日本はいかがですか
 ◆  (株)花の海 イチゴのはなし
 ◆  交通アクセス等

今年の稲刈り風景

 H29.9/11.山口市徳佐上市場の圃場にて

お知らせコーナー

農業実習を受け入れ
↑受け入れ側とのオリエンテーション

 8月1日(火曜日)阿東東中学校の農業実習を受け入れました。
 今年は、わすが1日と短い実習でした。
 阿東東中学校の農業実習の

  • 目的/ふるさとの産業を知り、将来の職業観をもつ機会とする。
  • 実習人数/阿東東中学校 1学年 生徒11名 ( 2班編成 )
  • 引率教諭/小田先生 川元先生
  • 移動方法/徒歩又は整備・点検された自転車
  • 研修受け入れ部署/(有)船方総合農場酪農部・みどりの風協同組合環境整備

 日中気温35度の酷暑の暑さ、水分補給やら、こまめな休憩をとりながら、暑さにも負けず、生徒の皆さんはメニューをこなしていきました。


スケジュール
 8:40---農場到着
 9:00---オリエンテーション
 9:30---ソーセージ作り(全体活動 2班編成)
 11:30---昼食の準備 
 12:00---昼食
 13:00---作業(全体活動 2班編成)
 15:30---理事長講話&反省会・感想
 16:30---農場出発
 
 
↑全体活動 ソーセージ作り先生も参加


ザツ・ざつ・雑学 (有)船方総合農場酪農部 坂本雄也
 今年の夏も例年並み又はそれ以上に湿度が高く蒸し暑い日が続いたのではないでしょうか。暑さに弱い牛にはとてもストレスのかかる時期です。
 今年は昨年の反省などもふまえ早めの暑熱対策を行いました。まず、暑熱期専用飼料の「アイス」を昨年に引き続き導入しました。このアイスの効果としては、
 @暑熱下における体温維持を助ける
 A体内での水分保持を促す
ことで、牛の生産性と健康性をサポートする事などがあげられます。
 次に、当たり前のことではありますが、水槽を掃除することを徹底して行いました。乳牛はミルクを1リットル生産するのに3リットルの水を飲む必要があると言われています。水槽へのアクセス回数が増える夏場は水が飲めない状態が続くと熱中症などの病気になるので時間があれば水槽の汚れを定期的に確認するようにしました。
 さらに猛暑の日には、牛体に直接水を噴霧し体温を下げてあげる事なども行いました。その結果大きな事故などもなく、なんとか夏場を乗り切ることができたのではないかと思います。
 しかしながらまだ油断はできません。夏場頑張った分の疲れが涼しくなってきた今の時期に影響してこないかが心配です。そのため徹底した飼養管理を心がけて行きたいと思います。
 また、牛乳にも旬の時期があり、この秋から冬にかけて乳牛は体内に脂肪を蓄えるので牛乳がより一層味わい深くなります。是非、濃厚でおいしい船方農場の牛乳を飲んでいただけたら嬉しいです。

 
↑成牛舎
 
↑新しく作りました仔牛小屋

グリーンセミナーのご案内

あなたの街にお邪魔しています



 (株)みるくたうん営業部では、西部営業所の活動を、10月1日から始動。それに伴い、3名が異動となりました。今までと取り組みに変わりはございませんが、徳佐からの出発が、西部営業所は埴生からの出発になります。
 若い3人の応援をよろしくお願いします。
 

 

 

西部営業所へ異動の3名→


(株)花の海 船方園芸便り (株)花の海 船方園芸 三浦亜希子
ハウス内のガーデンシクラメン↑
 朝夕肌寒くなり、コタツでついついまどろんでしまう時期になりました。
 朝は布団からすぐには抜けられず・・・しかし、この寒さの始まり、そう、シクラメンの季節がやってきました!
 今年の夏は非常に暑く、人もぐったり気味の猛暑、いつも冬は冷え性で悩まされる私、その逆で暑い夏には比較的怯むことなく対応出来ているのですが、さすがに今年は少し参ってしまいました。そんな夏ではありましたが、シクラメンは無事に暑さを乗り切りグイグイと育っております。
 9月の中下旬よりガーデニング用のシクラメンを皮切りに出荷が始まっています。実は来年のシクラメン種子の注文はだいたいこの時期までに済ませているのです。そして11月頃から生産鉢の大きい順に種まきをします。ポット生産で出荷の早いガーデニング用などの種まきは年明けなので、「今年の様子はどうだった」「この色はイイ」などと確認をしてから、次年度の注文に反映できるのですが、11月から出荷が本格的になる5寸鉢などは、仕上がりを待たずして注文をしなくてはならないので、新しい品種を取り入れた場合には少し難儀をします。やはり、この農場の作り方に合う・合わないと言う品種もありますし、カタログの様子とは違う苗姿や花色になることも少なくはないので。スタンダードな品種だけではなく、色々な目新しいものも積極的に生産したいと考えてはいますが、結果がすぐにわからないところが農業のもどかしさでもあります。そろそろ5寸鉢のシクラメンの出荷が始まります。年末に出荷する大きい6寸鉢も待ち構えています。
 今年も無事にキレイなシクラメンをお届け出来るよう、もう少し頑張ります!

ようこそ!(株)花の海へ・&日本はいかがですか
 農業での人手不足は深刻です。と、言いたいのですが、日本の国は、あらゆる業種で人手不足の様です。
 外食産業で、口数少なく、黙々と厨房に立って作業をこなしている外国の方がおられました。
 あら、ここでも外国の方? 福岡市で入ったラーメン店での出来事です。
 船方農場グループ(株)花の海では、タイからの外国人研修生の受入れをしています。現在11名。
 不安を抱えながら日本に入国、その後、日本での生活習慣等の指導を受けたり、日本語のテストを受けた後、(株)花の海へ。(株)花の海の研修第1期生とでも言いましょうか、最初の3名の男子と現在、船方園芸で研修をしている二期目・三期目の女子2名のご紹介をいたします。
 1期目の男子たちは、日本語の理解もスムーズになり、作業の段取りもうまくなってきました。
 暖かい心で見守って頂ければと思います。
 今回紹介の(株)花の海での3人の男子の写真・感想等の取りまとめは、(株)花の海総務部の小川さんにしていただきました。
 


★ 私はティアムポン・スラサックです。ニックネームはグンです
★ 1993年12月11日生まれです。
★ 趣味は、色々な野菜を植え、育てることです。自転車やバイクの修理をすることもできます。
★ 日本で生活していて楽しいことは、職場の皆さんにいつも優しくしていただいて、仕事以外でも、色々なところに買い物やお寺巡りに連れて行ってくれることです。それに、農業が好きなので、好きなことが仕事でできるのが嬉しいですし、とても勉強になります。
★ 逆に辛いことは、日本語を話すことは慣れてきましたが、書くことがまだ難しいです。特に漢字は難しいです。
★ タイと比べて感じたことは、日本の人たちは時間に厳しいところです。タイでは時間にルーズなところがありますが、皆さんが時間を大切にしているところが驚きました。
 

★ 私はパントウチャニン・タニットです。ニックネームはニックです。
★ 1992年1月15日生まれです。
★ 趣味は、趣味は、クルマが好きなので、レースを観に行くことです。
★ 日本に来て楽しいことは、日本食が美味しいところです。特にイカの刺身や焼き肉が美味しいです。
★ 大変なことは、日本語で話すときに、相手の人に中々伝わらなかった時です。今は美味しく食べていますが、最初は食べ物の味も薄いと感じることが多かったです。
★ 日本に来て感じたことは、タイと働き方が全く違うところです。タイでは、時間を気にせず働き、好きなときにたくさん休みをとることができます。日本では、働く時間や休む日が法律で決められているので、生活の仕方が変わりました。



★ 私はウイスク・アタシットです。ニックネームはソーンです。
★ 1993年1月25日生まれです。
★ 趣味は、映画を観たり、音楽を聴いたり、釣りをしたり、サッカーをしたりすることです。
★ 日本に来てから、日本の人たちは優しく接してくれて、色々なところに連れて行ってもらったり、美味しい物を食べに行ったりしました。たこ焼きが好きです。
★ 辛いことは、日本はタイと比べて寒いことです。私は寒さに弱いので、外で仕事をするときにはとても大変で、家の中での生活も中々慣れません。
★ 日本に来て感じたことは、スーパーやコンビニに行って買い物をすると、タイと比べて物価がとても高いことに驚きました。電気やガス、水道料金も高く、無駄遣いしないように気をつけていきます。
 

★ わたしのなまえは パッミー・ドゥアンペンです。 Nicknameはムーです。
★ せいねんがっぴは1992年2月18日です。ことし25さいです。タイ人です。タイからきました。かぞくは、はは・あにとわたし、3人です。
★ しゅみは、ほんをよんだり、えいがとアニメをみたりします。
★ いま、わたしは にほんの、はなのうみかいしゃのけんしゅうせいです。にほんに、1年すんでいます。でも、にほんごが、あまりわかりません。むつかしいですから。「がんばります」
 にほんの せいかつは だいたい おもしろいです。
 にほんのひと、「しりあいひと」はやさしいですから、うれしいですね・。しごとは、まいにち、いろいろやります。たいへんなしごともあれば、らくなしごともあります。しようがないです。しごとですから。だいたいのしごとは、おもしろいです。みなさん ほんとうにありがとうございます。パッミードゥアンペン「ムー」より

--本人の提出文を原文通り掲載---



★ わたしのなまえは ミーグリソ・アムピガーです。
   ニックネームは アムです。
★ せいねんがっぴは 1991年8月17日です。
  ことし26さいです。かぞくは、4にんいます。わたしと ははと おとうさんと いもうとです。
★ タイ人です。
   はなのうみかいしゃのけんしゅうせいです。
★ しゅみは、アニメをみることです。
 にほんごが あまりじょうずではありません。でもがんばっています。
 にほんのせいかつは たのしいです。
   みんながやさしいです。
 にほんのたべものは カレーライスが だいすきです。さしみは たべられません。
 しごとするときは みずかけるのがすきです。やるときすずしいですから。
 なつ ふなかたでハウスのなかがあついです。でも そとがすずしいです。
 ふゆは あまりすきでは ありません。ゆきが たくさんふるから。とても さむいです。
 にほんでは じてんしゃにのるとき いちだいひとりしかのれませんが タイでは ふたりのっても かまいません。
  どうぞよろしくおねがいします。

---本人の提出文を原文通り掲載---

 

(株)花の海 イチゴのはなし (株)花の海 イチゴ課 三輪由香利

 私は(株)花の海イチゴ課に入社して10年目の三輪由香利と申します。
 (株)花の海のいちご狩りは、皆様に支えられ、今年で12年目を迎えます。
 今年は、11月中旬にオープン予定です。
 イチゴをおいしくするため、毎年色々な工夫をしております。
@一つ目は肥料です。毎年見直していますが、基肥は有機質たっぷりの『花の海オリジナルレシピ』です。カニがらや発酵した魚介類、穀物を使用しています。
A二つ目は温度管理です。低温でじっくりゆっくりとおいしいイチゴを育てています。
B三つ目は安心安全を目指しています。農業ですが食品を扱う会社として、労働安全・食品安全に努めています。害虫を食べる虫『天敵』を導入し、予防の回数も極力減らしています。
 そうした取り組みの中、先日、9月下旬、イチゴの定植が終わりました。
 6月から採苗をはじめ、定植までは暑さと水やり管理との戦いです。ハウスの中での仕事ですので夏は特に暑いです。ですが「苗半作」。
 おいしいイチゴをつくるために苗の時も我が子のように大切に育てています。
 (株)花の海では山口県推奨品種の「かおりの」を主に栽培しています。
 酸味が少なく、すっぱいものが苦手な方でも食べやすい品種です。

 
イチゴ苗の大きさ比較↓
普通はイチゴ苗は親株から出るランナーをポットに採苗し育てていきます(写真右苗)
よつぼしはプラグトレーに播種し育てていきます。(写真左)

 また「かおりの」と対照的な酸味があるイチゴとして「よつぼし」を3年前から取り組んでおり、イチゴ業界では注目を浴びている品種です。
 これからも皆様においしいイチゴを召し上がっていただけるよう努めてまいります。
 今年度もよろしくお願いいたします。

↑イチゴハウス全景。 定植後40日経過の苗

 



★いちご狩りのお問い合わせ先 (株)花の海 TEL 0836-79-0130



交通アクセス他
メール。お問い合わせはこちらまで   所在地:〒759-1513 山口県山口市阿東徳佐下11450-39 電話083-957-0369(代表) FAX083-957-0719
Copyright(C)2000-2003 MILK TOWN.inc. All Rights Reserved.