本文へ
船方農場
イベント あそぶ 食べる 農場マップ アクセス トップページ
企業情報 製品情報 Hot!みるく アスコット倶楽部 リンク集 サイトマップ
トップページHot!みるく>96号

Hot!みるく  
96号
目次
 ◆  稲刈り風景
 ◆  イベント情報
 ◆  酪農部だより
 ◆  園芸部だより
 ◆  削蹄協議会開催模様
 ◆  農業実習(梅光学院大学校)
 ◆  農業実習(阿東東中学校)
 ◆  手作り教室案内
 ◆  来場者分布図
 ◆  営業部だより
 ◆  交通アクセス等


実りの秋

 




お知らせコーナー〜イベントのお知らせ〜


酪農部だより (有)船方総合農場 酪農部 藤井 唯之
 朝と晩の冷え込みも厳しくなり、すっかり秋めいてまいりました。「寒い」という言葉もよく耳にするようになり、牛たちにとっては過ごしやすい季節です。
 今年の夏は、予報通りの猛暑となり、7月下旬〜8月上旬には、日中35℃を超える気温の日が続きました。牛舎内の体感温度としては、40℃以上あったのではないでしょうか。ファンで風をあててやったり、水をかけたりして、牛の体を冷やしてやる対策が、例年以上に必要となりました。熱中症の仔牛が1頭でましたが、治療の結果、大事には至りませんでした。
 夏場に低下しがちな乳脂肪についても上がってまいりました。口当たりの良い、まろやかな牛乳がこれからの時季は期待できるかと思います。農場に来られた折には、是非、飲んでみてはいかがでしょうか。
 そして、今、まさに船方農場は収穫の秋を迎えております。コシヒカリや酒米などの収穫は、いったん落ち着いておりますが、飼料用イネ(WCS)の収穫はまさに今からです。今年も、質の良いWCSに期待し、品質の安定した飼料を確保できるようにしたいと思っております。
 放牧地の牛たちも牛舎にもどし、牧草地の牧草刈りをしました。
 今年の牧草刈りは終わりました。
 静寂した空気に包まれ、改めて季節の流れを感じております。
 秋から冬へ、そして春の準備へと船方農場は進んでまいります。


園芸部だより (有)船方総合農場 園芸部 三浦亜希子

 朝夕涼しくなりました、日を追うごとに秋らしさが深まっています。
 先日広島カープが25年振りにリーグ優勝を決め、球場は赤い応援団が盛り上がっていました。ちょうどその頃の園芸ハウスでは、鮮やかで大きな赤い花を咲かせるゼラニウムが出荷を目前に控えていました。また球根ベゴニアも開花を迎えており、出荷はだいたい何色かをミックスで組みますが、中でも赤い色が人気で、赤が入ることによりキリッと引き締まったものになり、なくてはならない存在のような気がします。こうして広島からは少し離れた船方農場のハウスでも、地味にカープの優勝を喜んでおりました。
 さて、農場で生産したお花を出荷する際、何色かの混合ミックスで出荷をすることが多いです。今の時期の花壇苗と言えばパンジーやビオラが目立ちますね。パンジーやビオラはこれから寒い冬に向けて植え込む事も関係しているからか、人気の色は黄色、オレンジ、ついで赤やピンクの暖色系が好まれると花市場の方からお聞きしました。これから出荷が本格的になるシクラメン、代表的な歌の歌詞では白と歌われていますが、白はどちらかと言えば引き立て役のイメージです。しかしなくてはならない色でもあります。だいたいどのお花も白はないと困るけど、多くはいらないと生産時には割合を少なめにしますが、逆にアリッサムと言うお花は白がメインになっています。また、バラには青い色がなく何年か前にパンジーの青色素を加えて青いバラを作ったと種苗新聞で読みました。
 お花の種類によって人気色が違うし、その年の流行なども考慮して色合いを決めなくてはなりません。今では品種改良も進み、様々な色や特性のものが多く、カタログを見ているだけでお腹がいっぱいです。その農場の環境によっても植物の動きは変わってくるでしょうし、その中でもより船方農場に合った品種をキレイに生産出来たらなと思います。



第18回中国四国地区牛削蹄競技大会開催
過日、9月21日(水)中四国地区牛削蹄師協議会・公益社団法人日本装削蹄協会主催による、牛削蹄競技大会が開催されました。中国地方5県と四国地方4県、計9県の参加。大会開催地は中国地方4県の持ち回りとのこと。
競技大会への参加選手は今回、12名。今年は鳥取県から参加された方が優勝されました。
競技大会の模様をお知らせします。

<目 的> 本競技大会は社団法人日本装削蹄師会と共催の牛削蹄競技大会として実施し、認定牛削蹄師の牛削蹄技術の向上と、 乳牛・肉用牛の能力増進に資するとともに、農林水産祭参加第58回全国牛削蹄競技大会の予選選考会を兼ねるものとする。

<日 程> 

受  付
9時〜9時30分
開会式
9時30分〜9時50分
競技大会
削蹄判断
10時00分〜10時40分
削蹄実技
10時50分〜12時25分
昼  食
 
審  査
13時15分〜
褒章授与
15時00分〜15時30分
 

↑ 開会式

 
↑ 削蹄実技 ↑

↑ 「削蹄判断」のために牛の爪を入念にチェック!!

↑ とてもマニアックな削蹄用小道具ナタ、ノミ、爪切り鎌等々並んでいました。


農業実習の受け入れをしました


梅光学院大学校編

 台風12号が接近する、9月18日(日)〜20日(火)下関の梅光学院大学の自然参入実習の受け入れをしました。
 台風の接近と同時期の実習でした。
 農場に到着と同時に、1人の学生さんが不安そうに先生に話しかけていました。
 「先生、ひどい雨・風ですけど大丈夫ですか。」
 先生談「自然参入実習とは、正にこのことだよ。」と、学生さんも受け入れ法人側も素直に、「なるほど!!」
 今年の自然参入実習は、天候に左右されながら、当初のメニューを変えつつ、3日間を無事に終了しました。

▼日  時:平成28年9月18日(日)・9月19日(月)・9月20日(火)

▼受け入れ部署:畜産部・園芸部・環境整備

▼学校名:梅光学院大学、自然参入体験学習

▼人  数:24名 3班編制 平均8名/1班 引率教授:1名

▼実習割り 

スケジュール表

日 時
内 容
9月18日
(日)
11:40
農場 到着
11:40
入所式
11:50
昼食
12:50
第1回 実習
 
15:30
移動 宿舎へ
9月19日
(月)
 
農場 到着
9:45
理事長 講話
 
10:30
第2回 実習
 
12:00
昼食
13:00
第3回 実習
乳しぼり
13:30
第4回 実習
ソーセージ作り
15:00
移動 宿舎へ
9月20日
(火)
 
農場 到着
9:40
第5回 実習
 
11:30
昼食
 
13:15
退所式
 
13:30
移動 農場出発
 


↑ 仔牛の世話


↑ 除草作業


↑ ソーセージ作り



↑ 到着後 先生からの諸連絡


↑理事長 講話




阿東東中学校編

◆中学校による農業実習の目的:農作業を体験することによって働くことの意義を学ぶとともに、ふるさとの産業や将来の展望について考える機会とする。

◆日  時:平成28年8月2日(火)・3日(水)・4日(木)

◆人  数:生徒21名(A・B・C・Dの班分けにて作業をしました)

◆引率教諭:2名

 8月2・3・4日、真夏日の続いた3日間、阿東東中学校の農業実習の受け入れをしました。
 超高温注意報が山口に出ていた日々でした。
 今年の受け入れは、畜産部と環境整備部の2部門。
畜産部での作業は、牛舎周りの除草作業他や牛舎内の清掃作業など。環境整備はふれあい動物小屋の床替えや、ふれあい動物小屋のヤギたちの運動場の除草作業、池周りの整地づくり等。
 決して楽できれいな作業ではありませんでしたが、ケガする人もなく、短い実習期間は無事に終了しました。
 生徒のみなさん、暑い中、ご苦労様でした。

 
オリエンテーション ↑
 
手作りソーセージ体験 ↑

 
乳しぼりの仕方の説明を受けています ↑
 
ふれあい動物小屋の床かえ作業 ↑

 

牛舎の清掃活動 ↑

 
坂本代表の講話 ↑


グリーンセミナーのご案内

ご来場者分布図
 
 左記グラフは、イベントの重量当てクイズにご参加いただいた方々の、住所表示に基づく市町別グラフです。
 船方農場へのアクセス時間、片道1時間〜1時時間30分以内の地域(周南市・山口市・防府市)からのご来場が全体の半数を占めております。県外は、広島・島根・福岡・岡山県等の方々からもご来場いただいています。


営業部だより

山口県内を主な配達区域とし、月曜日から金曜日まで、阿東徳佐から各地域へ、ご家庭へ宅配車を走らせております。 全コース55コース。1コース平均150戸の受け持ちをしております。
訪問の折には、お気軽に声をかけていただければと思います。【旧市町名にて地区表示】


氏名/曜日
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
末冨部長
町内
徳山
下松
山口
内勤
藤村
防府
小郡
町内
防府
拡販
西村
長門
長門
長門
長門
休み
小原
益田
田万川
益田
田万川
拡販
水津
下松
徳山
周東
美東
宇部
拡販
河村
小野田
山口
防府
徳山
徳山
拡販
防府
下松
拡販
吉松
防府
徳山
益田
小郡
山口
拡販
野原
徳山
美祢
宇部
防府
拡販
岩熊
山口
宇部
宇部
拡販
末冨(真)
宇部
小郡
徳山
小野田
宇部
拡販
中野
萩 
山口
徳山
徳山
拡販
  
11コース
12コース
9コース
12コース
11コース
55コース



船方農場グループ
みどりの風協同組合
〒759−1513
山口県山口市阿東徳佐下1450−39
お問い合わせ先
  :TEL083−957−0710
  :FAX083−957−0719
  http://www.funakata.co.jp/
MAP
◆船方農場への交通アクセス◆
 JR徳佐駅より
  ・徒歩30分
  ・タクシー6分
 中国自動車道
  ・小郡ICよりR9経由60分
  ・鹿野ICよりR315経由45分
メール。お問い合わせはこちらまで   所在地:〒759-1513 山口県山口市阿東徳佐下11450-39 電話083-957-0369(代表) FAX083-957-0719
Copyright(C)2000-2003 MILK TOWN.inc. All Rights Reserved.