本文へ
船方農場
イベント あそぶ 食べる 農場マップ アクセス トップページ
企業情報 製品情報 Hot!みるく アスコット倶楽部 リンク集 サイトマップ
トップページHot!みるく>95号

Hot!みるく  
95号
目次
 ◆  坂本代表旭日中綬章受章
 ◆  (株)みるくたうん総会報告
 ◆  園芸部だより
 ◆  酪農部だより
 ◆  グリーンセミナーのご案内
 ◆  今年の新入社員さん
 ◆  雑学
 ◆  イベント情報
 ◆  交通アクセス等
 


トピックス

坂本代表 旭日中綬章 受章

 


授章式後




(株)みるくたうん総会報告 (株)みるくたうん 総務部 石川 圭

 阿東の山々にもようやく新緑が芽吹き始めました。平成28年4月29日(金)午前10時30分より船方農場内みどりの風協同組合研修室におきまして、第26期(平成27年度)株式会社みるくたうん定時株主総会を開催、多くの株主様のご出席を賜り、誠に有り難うございました。提出議案は、すべて承認され定刻よりやや早めの閉会となりました。その後、グループを率いる坂本多旦理事長より「旭日中綬章」の受章報告がありました。平成28年春の叙勲受章者が当日朝に新聞等で正式発表されたこともありご存知の方が少なく、会場からはどよめきと歓声が上がりました。
 総会後のバーベキューは株主様のご家族の方々も大勢御参加頂き、急遽、会場を池の前のガラスハウスに変更するほどでした。お食事中のビンゴゲーム大会も大いに盛り上がり沢山のお土産をお持ち帰り頂きました。隣国の韓国で口蹄疫が発生しているため恒例の牛の乳搾り体験は残念ながら今年は中止いたしました。最後は花釣りゲームでカーネーション・バラの鉢物などと季節の花苗を竹竿で釣り上げ楽しんでいただきました。



園芸部便り (有)船方総合農場 園芸部 三浦 亜希子

 緑が鮮やかな季節となり、毎日蒸し暑い日が続きます。園芸ハウスでは春の繁忙期をなんとか乗り切り、今は秋の終わりから出荷を迎えるシクラメンの植え替えを行ったり、乱れていた場内の環境整備などをしています。
 園芸部ではこの春、2つの大きな施設の整備を行いました。
 まずひとつは、シクラメンを生産するガラスハウス1棟のベンチを、通常のものから底面給水の出来るものへとやり変えました。底面給水とは…? 読んで字の如くなのですが、鉢の下から水分を吸わせて潅水の出来るシステムで、1鉢1鉢潅水を行うより給水ムラが少なく、なんと言っても蛇口をひねって水を流すだけで潅水が行えるので、作業効率が良いと言うすばらしいシステムなのです! 今まで何度となくベンチのやり変えにチャレンジしようと考えてはいましたが、なかなか思うように作業の段取りが出来ず、今年ようやく1棟施工することになりました。ただこのシステム、良い事もありますが、微妙な水管理が行えなかったり、植物が徒長しやすかったりと注意すべき事もあります。しかしそこはせっかく1棟でも新しいシステムが導入出来たので、良品質のものを作るべく勉強を重ね努力をしていきたいと思っております。


底面給水装置写真↑

 次にガラスハウスの屋根部分の全面張替えを行いました。ここ園芸ハウスは平成5年に設立され、今年で23年目になります。23年ともなるとハウスの老朽化は進み、ここ数年は雨漏りの被害に悩まされていました。雨漏りがあるとハウス内の湿度が下がらず、植物の病気発生率が上がりやすくなったり、雨漏り部分の植物だけ徒長したやわらかい苗になったりという被害が起こってしまいます。今回張り替えしたものは、ガラスではなくエフクリーンと言う太陽エネルギーをコントロールしやすいフッ素フィルムです。全光線透過率は94%で、露地栽培とほぼ変わらない光をハウス内に取り入れる事が出来ます。紫外線をよく通すので、植物が徒長せずコンパクトで丈夫な苗が作りやすくなります。また抜群の耐久性があり、20年経過後もほとんど劣化が見られないと言い、メンテナンスの軽減が出来ます。海外では「割れないガラス」の異名を持ち、台風による損傷も最小限に抑えられるのではないかと思います。ただ、透過率が良いと言うことはその分ハウス内の温度は高くなる為、暑い季節は身体が心配です…。
 他にも化学物質、薬品にもほとんど侵されない耐性を持ち、フッ素フィルムの特徴でもある低い表面張力で、雪や雨の汚れが流れやすい滑雪性にも優れているそうです。
 このような2つの工事を行い、今後の生産が楽しみです。
 みなさまにより良いお花を届けられるように園芸ハウスで汗を流します!


【ガラスハウスの張り替え作業】
まるで忍者のごとくガラスハウスの上から下へ、下から上へと…スルスル



酪農部だより (有)船方総合農場  酪農部 藤井 唯之

 新緑も濃さをまし、晴れ間が恋しい季節になりました。農繁期の大きな山も越え、少しずつですが、落ち着きを取り戻してきました。牛舎では、梅雨明け後の暑さ対策に取り組んでおります。牛にとって、夏の日差しと暑さは大敵です。人間に例えると30度を超える日中に厚手のコートを羽織っている状態です。想像しただけで汗が出てきますよね。食欲もなくなり、乳量もへってしまいます。牛舎の風通しを良くしてやることと、塩分・ミネラル・ビタミン類の摂取を適量給与します。個体によって体力差もありますので、日常の観察が大切になります。病気や事故などが起こらぬよう管理をしたいと思います。
 今年も例年通り、放牧を行っております。広い牧草地を元気に走り回っております。遠目からになりますが、農場にお越しの際は、ご覧になってみてください。また、隣接した牧草地では、今年、7月中旬に2回目の牧草の刈り取りを予定しております。昨年の秋にイタリアンライグラスの種を蒔き、発芽し越冬させたのち5月下旬あたりから、刈り取りになります。
 刈り取られた牧草は再生し、3〜4回の刈り取りが可能です。もちろん、日差しや気温の影響をうけますが、当農場では、まずまずの収穫でした。刈り取った牧草は直径90pの円形状のロール状にし、ビニールでラッピングします。ロール内では、牧草の糖分により、乳酸発酵し、長期保存が可能なり、嗜好性もあがります。リンゴのような甘い香りが、牛舎全体を包みます。来年、春まで食べさせる事ができる十分な収穫に期待したいです。しっかり食べこんだ船方の牛は、元気いっぱいです。今年もおいしいミルクを皆さんに召し上がっていただく事が出来るように暑さに負けず、管理していきます。




グリーンセミナーのご案内


今年新入社員さん

 (株)みるくたうん 営業部 中野恵介です。今年の1月6日より(株)みるくたうんで働いております。
 以前の職場は、10年以上勤めておりましたが、福利厚生等がしっかりしていなく、この度友人からの誘いもあり、入社することになりました。営業という職種は初めてだったので、最初は自分の受け持ちライン(配達ライン)を覚えるのに苦労しました。
 今でこそ、入社5か月にもなりますので、一つひとつの事にしっかり責任を持って、お客様を始め、会社の仲間、上司の方にご迷惑をかけないように勤めていきたいと思います。
 会社に来て、配達をスタートした時点から、自分との勝負とも思います。
 色々な事をふまえ、自分を雇用してくれた会社、牛乳のご注文をくださったお客様に恩返しをするとともに自分という人間を成長させるためにも努力していきます。
 これから先、皆様に助けていただく事もあると思いますが、よろしくお願いします。

 

 初めまして、坂本雄也と申します。この度は船方農場に入社することができ、感謝するとともに大変嬉しく思っております。
 私は2年間、岡山県にある学校で酪農に関する専門的な知識や技術を学んできました。安心安全かつ新鮮な牛乳を消費者の皆様にお届けするために、その学校で学んできたことを最大限に活かし頑張っているものの改めて生き物と向き合うという事は、なかなか一筋縄ではいかないものだと実感しています。
 大きな体で迫力があって美しく、そして優しい牛たちが、たくさんのエサを食べ、たくさんの牛乳を生産してくれているという酪農の魅力をより多くの消費者の皆様に感じてもらい、そして毎日飲む国産の牛乳に思いを持ってもらいたいと思っています。
 牛からはまだまだ学ぶ事が多く、日々勉強ですがいち早く仕事に慣れ会社に貢献していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 (有)船方総合農場 園芸部に入社した松野拓海です。12年間お世話になった学校を紹介させていただきます。小学校は山口市湯田小学校と宮野小学校に通い、中学校は宮野中学校へ3年間通学、高校は下関の下関国際高等学校へ通いました。そこの電子機械化自動車コースを卒業しました。
 私にはやりたいことがあります。YouTuBeに動画を上げることです。理由は2つ、
 1つ目は、YouTuBeを見ているときに動画を作り出したいと思ったこと。
 2つ目は「この動画はよかった」「この動画を参考にしたい」「続きを楽しみにしているよ」などのコメントをしていただき、多くの方から喜んでもらえる動画制作をしたいです。
 仕事の面では、まだ、迷惑をかけることが多いのですが、頑張っていきたいと思っています。読んでくださりありがとうございます。



雑・ざつ・ザツ学 (株)みるくたうん 加工部 岩木由美子

 ここ阿東徳佐では、朝夕の寒暖の差が大きい日が続いております。皆様、いかがお過ごしでしょうか。(株)みるくたうん乳加工部の岩木です。
 今回は、「熱中症と牛乳」というテーマでお話をさせていただきたいと思います。
 まず、熱中症とは、体内に熱がこもったまま、その熱が体外に放出されなくなってしまう状態をいいます。強い頭痛・吐き気などがともないます。
 そこで、熱中症対策としては、スポーツドリンク等も有効ですが、熱中症を予防するうえで効果的な飲み物が「牛乳」です。
 運動直後、30分以内に牛乳(200ml)またはヨーグルト(180g)を摂取することで、血管内に水分を引き込み、血液量を増やします。血液の流れを良くすることで、ヒフに血液を集め体外に熱を放散しやすくします。
 牛乳に含まれるたんぱく質(アルブミン)、糖質、適量のナトリウムが本来、身体の持っている発汗による体温調節機能を手助けしてくれるのです。
 これから暑さが本番になる前に、熱中症に強い身体づくりをなさる準備を始めてみてはいかがでしょうか。

※6月から新包装になりました。
★商品取り扱い上の注意点
商品の真ん中をお持ちください。


●● 豆知識 ●●

 60歳以上の1,081人の調査で、牛乳・乳製品の摂取量の増加に伴い、アルツハイマー病の発症率が低下する傾向も明らかになった。血管性認知症でも似た結果だった。(中略)日本人の牛乳・乳製品の摂取量がもともと少ない点に注目。
 欧米の半分から3分の1程度なので積極的にとっても過剰にはならないとみている。(手元の資料より抜粋)



“原っぱ祭り”を開催しました
  • 春のイベント、原っぱ祭りを開催しました。今年で24回目の実施となります。
    実施日は、3日−雨の為中止。4日−五月晴れにて実施。5日−4日に続き五月晴れ。
    「原っぱ祭り」は、ゴールデンウィークのお出かけイベントとして定着してきた様に思えます。
    実施日は2日間でしたが、沢山のご来場者をお迎えしました。
    韓国にて発生している、牛の伝染病「口蹄疫」は一向に終息する気配がなく、イベント内容を変更しての開催となりました。
    「牛」に関する乳しぼりや、仔牛体重あてクイズは中止。
    代替えイベントは、仔牛体重あて→ウサギ重量あて、牛の乳しぼり→紙飛行機とばし、に変更。
  • 草地一周ちびっこマラソンでは、エントリーをゼッケンの枚数までとし、低学年70名、高学年60名。ゼッケンなしで完走されたちびっこも数多くおられました。
    毎年の事ながら、ご父兄の方々にボランティアのお手伝いをお願いしましたところ、快くお引き受け頂き、誌面にて御礼申し上げます。ありがとうございました。

  • 最終日まで、トラブルや事故の届け出もなく無事に終了することができましたこと、ご協力いただきました、すべての方に感謝いたします。

★草地一周チビッコマラソン 学年別参加者人数

低学年の部
1.4km
男 子
女 子
小計 70名

幼児

 
 
 
1年生
15
4
19
2年生
10
10
20
3年生
18
13
31
高学年の部
1.7km
男 子
女 子
小計60名
4年生
9
7
16
5年生
11
10
21
6年生
15
8
23
合 計
78
52
合計130名

★草地一周チビッコマラソン 入賞者のタイム表(上位10名)

順位
氏 名
学年
タイム

低学年

“くん”表示は男子、
“さん”表示は女子

1位
豊島 伊吹くん
3年生
5′30
2位
垰村 りおさん
3年生
5′38
3位
兼田 凌くん
3年生
5′44
4位
佐野 想太くん
3年生
5′47
5位
森重 駿介くん
3年生
5′52
6位
古田 紗穂さん
3年生
5′56
7位
山本 真想くん
3年生
6′04
8位
西脇 喜悠くん
3年生
6′05
9位
青木 美空さん
3年生
6′11
10位
横瀬 美穂さん
3年生
6′12

高学年

“くん”表示は男子、
“さん”表示は女子

1位
玉野 航聖くん
5年生
6′00
2位
繁田 兼伸くん
5年生
6′02
3位
武居 修大くん
6年生
6′19
4位
鍛本 圭吾くん
6年生
6′23
5位
伊藤 創玄くん
6年生
6′24
6位
中原 涼那さん
6年生
6′25
7位
佐野 友規くん
6年生
6′30
8位
梶原 陽くん
6年生
6′35
9位
大場 爽太くん
6年生
6′38
10位
長岡 晃太くん
6年生
6′43

低学年の部スタート


↑ カメラを手に手に、沢山のギャラリー ↓


高学年の部スタート


 
低学年の部 のゴールテープを切る豊島君

 

高学年の部 ゴールテープを切る玉野君



船方農場グループ
みどりの風協同組合

〒759−1513
山口県山口市阿東徳佐下1450−39
お問い合わせ先
  :TEL083−957−0710
  :FAX083−957−0719
  http://www.funakata.co.jp/
◆船方農場への交通アクセス◆
 JR徳佐駅より
  ・徒歩30分
  ・タクシー6分
 中国自動車道
  ・小郡ICよりR9経由60分
  ・鹿野ICよりR315経由45分
メール。お問い合わせはこちらまで   所在地:〒759-1513 山口県山口市阿東徳佐下11450-39 電話083-957-0369(代表) FAX083-957-0719
Copyright(C)2000-2003 MILK TOWN.inc. All Rights Reserved.