本文へ
船方農場
イベント あそぶ 食べる 農場マップ アクセス トップページ
企業情報 製品情報 Hot!みるく アスコット倶楽部 リンク集 サイトマップ
トップページHot!みるく>90号

Hot!みるく  
90号
目次
 ◆  農場案内 酪農部便り
 ◆  農場案内 園芸部便り
 ◆  農場案内 グリーンヒル・アトー便り
 ◆  農業実習の受け入れをしました
 ◆  営業部からのご挨拶
 ◆  (株)花の海情報
 ◆  グリーンセミナーのご案内
 ◆  雑・ざつ・ザツ学
 ◆  交通アクセス等
 


農場案内 酪農部便り (有)船方総合農場 酪農部 藤井 唯之

  朝の冷え込みも厳しくなり、季節は秋になりました。今年は夏場の日照不足により、作物は例年とは違う管理が必要になってしまいましたが、牛にとっては、過ごしやすい気候となりました。ですが、日中夜の寒暖差が大きく環境の変化を嫌う牛にとっては、体への負担とストレスが大きく影響をしてきます。現在のところ、大きな事故・病気等も発生しておらず夏を超えることができました。人間も同じですが、牛も夏場の疲れが出る時期が、まさに今(朝夕涼しくなる初秋の時期)です。牛の体調に変化がないか注意して管理しております。

 牧草の方は、今年最後の刈り取りが終了し、良質な牧草が収穫出来ました。ラップサイレージとして保管し、これからの冬場から、来年の春まで、育成牛を中心に食べさせてやることができます。また、水稲部の稲刈りと同時進行でワラ取りも行っております。肉牛にとって、一年を通じて必要な基本となるエサです。天気と圃場の状態を見ながら収穫をしていきます。

 実りの秋、収穫の秋ももうすぐ終わります。その後は、堪え忍ぶ冬に入り、今年も一年が終わります。無事に笑顔で、一年間を振りかえれるよう、今はしっかりと準備をしておきたいと思っております。放牧場の牛も、霜がおり出す頃には牛舎に戻ります。来年の春を楽しみに場内整備の方も力を入れて行きたいと思います。

船方農場まつり(収穫祭)の開催

JAPAN CHEESE AWARD ′14へのチーズの出品について


(株)みるくたうん加工場  チーズ部 三戸正典

 

 ジャパンチーズアワード14はNPO法人チーズプロフェッショナル協会が主催する国産ナチュラルチーズのコンクールです。厳密な審査のもと、カテゴリ別に金・銀・銅賞を選出、金賞受賞チーズよりグランプリが決まります。
 この記念すべき第1回のコンクールに船方農場のモッツァレラチーズを出品いたします。今年の4月より、新商品として販売しており、一つひとつ丁寧に手作業でつくり、新鮮なミルクの味をギュッと詰め込んだ、ミルキィーかつジューシーなナチュラルチーズです。
 このコンクールに出品するチーズは、品質評価の訓練を積んだプロフェッショナルによる審査が行われ、審査で出た評価は今後の製品づくりやマーケティングの参考にすることが出来ます。
 やはり、出品するからには賞が欲しいところではございますが、日本全国の工房からチーズが出品されるので、どんなチーズが賞をとるのか、どんなチーズを作れば賞がとれるのか、どんなチーズが売れるのか等、いろいろと情報を集める事と、現在作っているチーズのレベルを把握すると共に、今後の製品づくりに役立てたいと思っています。


農場案内 園芸部便り

 朝夕、寒さが身体に堪えるようになりました。
 園芸部の三浦です、私がこの原稿を書いていると言う事は・・・そう、今年もシクラメンの季節がやってまいりました!
 9月末からガーデンシクラメンの出荷が始まり、今は5寸鉢の出荷を目前に控えています。
 日本でも生産量の多い鉢花のシクラメン、冬の花なので比較的寒い地域での生産と思われますが各地に生産者がいらっしゃいます。船方農場は九州(西日本)シクラメン生産者協議会に加盟しており、毎年行われる協議会に出来る限り参加するようにしています。福岡や佐賀、熊本や鹿児島などその年に開催される県の生産農場を見学させていただいたり、また、花市場の方や資材・肥料関係の業者さんも参加されるので、いろいろな情報を得られる充実した会になっています。
 今年の開催県はお隣の島根県、出雲方面でしっかり勉強してまいりました(…と言いながら書いているのは開催2週間前なので、正確にはしっかり勉強してまいります、ですね)
 シクラメンの生産者さんの農場を見学させていただいたり、お話を聞かせていただくと、それぞれの生産者さんで肥料のやり方や土の配合が違い、シクラメンを知れば知るほど奥が深いなと感じます。皆さん独自のやり方を持っておられ、長年やっていらっしゃる方でも良いものを作ろうとする意欲や向上心が高く、本当に勉強になります。船方農場でもみなさまに満足していただけるような立派なシクラメンをお届け出来るよう、しっかり勉強を重ねていきたいと思います。
 ここで肥料の事を書かせていただきますが、花苗に施す肥料は、チッ素、リン酸、カリの3要素(土中に少ない為に多めに供給するもの)と、ビタミン剤に当たるカルシウム、マグネシウムなどがあります。チッ素は植物のタンパク質構成成分で葉や根の生長をつかさどっています。人間で言えばお肉やお魚です。リン酸は植物の細胞を作る材料となり、花・実・種の形成や根の伸びを促します。カリは植物体内の生理作用を調整し、根や茎を強くし生長をよくします。野菜や果物のような感じです。ビタミン剤であるカルシウムは根の生長と土質の改良に役立ち、マグネシウムは葉緑素の構成成分となり光合成を助けます。このような成分の割合や施すタイミングで、植物は様々な容姿となり育っていきます。だから、同じシクラメンと言えども生産者により個性が出てくるのです。植物が今何を欲しているのか、を日々の観察でいち早く察してあげて上手に生長のお手伝いをしてあげたいものです。


 


 今年の夏はもくもくの入道雲を見た日が数えるほどしかなく、「夏らしくない夏」も終わり、農場はすっかり秋になりました。私は秋の空が一番好きです。最近はiphoneで「パノラマ写真」をとれる機能があります。パノラマとは「湾曲した壁面全体に精巧な風景を描き、中央の観覧者に実景の中にいるような感覚をあたえる」(Wikipediaより)景色が自分へ向かってくるような迫力のある写真が撮れます。
 農場の壮大な草原に立っていると、高くて青い空や気持ちの良い吹き抜ける風、日常から解放され、パノラマの世界を感じられる、大自然のみなぎるパワーに毎日圧倒されています。さて、秋はりんごにぶどう、新米に松茸・・・などと「実りの秋」お客様の中には「今りんご狩りに行っておなか一杯食べたけどバーベキュー食べに来たよ〜」という方もたくさんいらっしやいます。昨年7月の大雨で被害による線路復興も終わり、8月にはSLの大きな大きな汽笛が聞こえ、まだまだ爪痕は大きいですが、少しずつ元気になっている阿東にたくさんお客さんが遊びに来ていただけたら嬉しいなと思います。

今回は風に乗って聞こえてきたお客様の声を紹介します♪

★林間バーベキューにて・・・「じいちゃん!!外でたべるとおいしいねえ〜」お孫さんの満面の笑みにみ〜んながにっこり。
★バーベキューの受付にて・・・「ここのおむすびだけは何が何でもはずせないよ〜ここのお米はほんとに美味しい!!」2回もおかわりのご注文してくださいました(=^^=)
★牛乳をのんだ大学生さん・・・大きいジョッキを片手に「濃い〜〜!!これぞ!牧場の牛乳だぜ〜!!」
★牛の乳搾り体験にて若いお父さん・・・「すげ〜〜〜ほんとにあったかいんだ〜〜〜!!命を感じる〜!」
★草地から放牧された牛たちを眺め・・・「ちょっと!!ここだけ見ると外国に来たたみたいね 日本なのに〜!」

…などなど思わずにっこりしてしまうようなお客様の声。休日に心も体も解放されて、自然のパワーに癒されみんなで笑顔になってもらえる場所になったらいいなと感じました。バーベキューは夏だけじゃなくこれからがシーズン!りんご狩りがてら、紅葉狩りがてら、ワンちゃんのお散歩がてら…遊びにきてくださ〜い!お待ちしています(#^.^#)

 


農業実習の受け入れをしました

▼学 校 名 : 阿東東中学校、農業実習
▼日  時 : 平成26年8月5日(火)・6日(水)・7日(木)
▼人  数 : 23名 1班/7名編成・1つ 、8名編成・2つ  ▼引率先生 : 2名
▼目  的 : 農作業を体験する事によって働く事の意義を学ぶと共に、ふるさとの産業や将来の展望について考える
▼受け入れ部署 : 畜産部・園芸部・交流部((株)グリーンヒル・アトー)

23名の生徒の皆さんの実習風景をお知らせします
●初日の8月5日は、終日の雨天。 雨が降りしきる中、学校より徒歩にて農場に到着。汗と雨で皆さんびっしょり。
実習時の「ステーション」として利用する研修室にクーラーを入れたにもかかわらず、熱気でガラス窓は雲ってしまいました。若者のエネルギーはすごい!!!
●8/6・8/7は前日とは打って変わっての晴天でしたが、蒸し暑い一日でした。そんな中、一般の農作業をして頂きました。ケガする生徒さんもなく、不調を訴える生徒さんもなく、3日間の農業実習は無事に終了。この体験がいつの日か、思い出に繋がり、農業への理解を深めて頂けることを願って!農業実習の受け入れは終了。
引率の先生他関係者の皆さん、お疲れ様でした。

●作業風景のお知らせ

■畜産部門の作業風景

↓ 給餌風景
 
↓ 牛の待機場の清掃
 

■園芸部門の作業風景

↓ ポット詰めの準備
 
↓ トレーの移動
 

■交流部門の作業風景

↓ ふれあい動物小屋の床替え
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼学 校 名 : 下関梅光学院大学、自然参入実習
▼日  時 : 平成26年9月17日(水)・9月18日(木)
▼人  数 : 47名 8名〜10名編成で4班構成  ▼引率先生 : 1名
▼受け入れ部署 : 畜産部門・園芸部門・環境整備T・環境整備U

●両日とも天候に恵まれ、作業をするとちょっと汗ばむ程度の心地よい気候でした。そうした実習の日々はあっという間に終わってしまいました。
 例年だと2泊3日の実習ですが、1泊2日に凝縮した関係で各々の作業が短時間となり、慌ただしいものになった感がありましたが、全てをこなし、無事に終了しました。
 農業・農村、そして食と命について、日々の生活の中で、ふと見つめ直して頂けると有り難く思います。


集合写真

●実習風景をお知らせします。

↓ 畜産部門実習
 
↓ 園芸部門実習
 

↓ 環境整備実習
 
↓ ソーセージ作り
 

↓ 乳搾り
 
↓ グループ代表挨拶
 


営業部からのご挨拶

  営業部からのご挨拶、いつも船方農場の商品をご購入頂き、誠にありがとうございます。
 早朝に山口市阿東徳佐を出発し、お客様のお手元に新鮮で美味しい牛乳とお米やお肉、農産加工品、また、地区の特産品をお届けしております。県内くまなく、隅々までお届け出来るまでには至っておりません。現在、お届けできてない地区は、東は岩国市と周防大島町、西は下関市です。お隣の島根県津和野町・益田市浜田市にはお届けしております。
 私は、入社して10年が経ちます。入社してから営業一筋でやってきました。これまで山口県内、色々な地域に牛乳配達や営業でお邪魔させて頂き、お客様から貴重なご意見を頂いてきました。お客様とのコミュニケーションひとつ一つを大切にして行く上で、船方農場の原材料を活かしたイロイロな新商品を企画する事が出来ました。安心・安全はもちろんですが、日頃、中々味わえない味を皆様の食卓へお届けしたい気持ちで、農場で生産したモノ、加工品したものをさらに活かして「インパクトのある『もう一度食べたい味』」をテーマとして企画させて頂いております。中でも「手作り生ハンバーグ」、「三種のチーズピッツァ」はお客様から大変ご好評を頂いております。他にも出来るだけお手間を取らずに調理出来、保存が効く「メンチカツ」、「むつみ豚のヒレカツ」などの冷凍食品の方も企画し、販売をしております。これまでは、船方牛しかございませんでしたが、県内産にこだわり、むつみ豚と長州鶏も牛乳と一緒に販売、お届けしております。 
 毎年この時期には、船方産こしひかりの新米の販売をしております。年間契約の受付もしております。また、季節毎の様々な”旬な果物”、ぶどう・りんご・なし・いちごなどを直売もしております。りんごのシーズンが終わりますと、徳佐のリンゴを使用した、「林檎パイ」などのスイーツも販売致しております。お気軽にお声を掛けて頂ければ、仲間一同、嬉しい限りです。
 お客様の「船方さんの商品は安心だし、美味しい」の一言が、私たち営業マンの励みになっています。お客様にご満足頂ける商品をお届けするのが私たちの仕事だと思っています。今後も、船方農場の商品や情報を満載し、お客様のニーズに合う商品をお届けしていけますよう営業部一同精進して参ります。
 お客様とのお付き合いを大切に、頂いたご意見や情報を活かし、皆様に愛され続けていけるような商品をこれからも作り、お届け出来るようにしていきますのて、末永くよろしくお願いします。



(株)花の海情報

こんにちは★ 花の海の小玉です♪
夏の曇天が終わり・・晴れの多い秋がやってきました!
花の海交流館ではどんどん秋の売り場になってきています♪
今年は夏が天気が悪かったので、秋にしっかりと楽しみましょう!!
今日は農場ならではの・・・♪
収穫の秋、お花が綺麗な秋、食欲の秋、をご紹介します★

≪食欲の秋≫ 新メニュー登場

・船方みるくと花海産ロロンかぼちゃのソフトクリーム
         →さっぱりみるくと濃厚甘いかぼちゃの相性がGOOD★

・週末限定、数量限定−埴生産イチジクのスムージー
         →さっぱり美味しい、つぶつぶ感がクセになります★

・秋ナスと小松菜の和風パスタ(日替わり)
          →下関市吉田地域の農家さんが毎朝持ってきてくれる「秋ナス」を
             ふんだんに使用した和風パスタ♪お年寄り〜お子様まで大人気です★

≪収穫の秋≫
・いもほり体験好評営業中!!

≪お花が綺麗な秋≫
花の海のコスモス畑は2回に分けて開花する予定です!
・1番目咲き−黄花コスモス(約10万本)
          →10月4日〜開花予定
・2番目咲き−ピンクコスモス(約20万本)
          →10月末〜開花予定
その他、売店では80種類を超える色々なお花や野菜苗を取り揃えております♪

11/1〜20万本のコスモスも開花予定♪お気軽にTEL下さい!





グリーンセミナーのご案内
 



雑・ざつ・ザツ学
牛肉はナゼ高い?今回はちょっと角度を変えてお話をします。

 牛肉の平均価格は、豚肉の約2倍、鶏肉の約3倍します。
 それは、飼育効率といって、お肉1kgを生産するために必要な飼料(エサ)の量が、豚・鶏に比べて、最も多く必要で、また、生まれてからの飼育期間も豚や鶏に比べて牛は、最も長い期間飼育しなければなりません。
 ちなみに、生まれてお肉になるまで、牛は、24ヶ月(約2年間)豚は約6ヶ月、鶏は約55日と牛は圧倒的に飼育期間がかかる事が分かります。また、お肉1kgを生産するために必要な飼料(エサ)の量は、牛が約10〜11kg、豚が約3〜4kg、鶏が約2〜3kg必要で、飼料(エサ)に関しても、牛が圧倒的に多いのです。
 飼育するのにかかる経費、人件費・設備費・エサ代と畜するための費用なども係ってきます。牛肉は、豚肉・鶏肉に比べて、高い価格設定になります。

肉加工部の新製品についてお知らせします。
 昨年より、手作り生ハンバーク・チョリソーウィンナーと販売してきました。新たに、メンチカツ・豚ヒレカツ・牛肉のタレ漬けと、豚肉と鶏肉の販売も始めました。勿論、豚も鶏も農場では生産していないため、県内産の仕入れとなります。豚肉は萩むつみで生産されたむつみ豚、鶏肉は長門の長州どりを販売しております。牛肉のタレ漬けは当農場で生産した船方牛でお肉にあうタレを厳選しニンニクの効いたタレにつけ込みました。是非、一度食べて見て下さい。



船方農場グループ
〒759−1513
山口県山口市阿東徳佐下1450−39
お問い合わせ先
  :TEL083−957−0710
  :FAX083−957−0719
  http://www.funakata.co.jp/
◆船方農場への交通アクセス◆
 JR徳佐駅より
  ・徒歩30分
  ・タクシー6分
 中国自動車道
  ・小郡ICよりR9経由60分
  ・鹿野ICよりR315経由45分
メール。お問い合わせはこちらまで   所在地:〒759-1513 山口県山口市阿東徳佐下11450-39 電話083-957-0369(代表) FAX083-957-0719
Copyright(C)2000-2003 MILK TOWN.inc. All Rights Reserved.