本文へ
船方農場
イベント あそぶ 食べる 農場マップ アクセス トップページ
企業情報 製品情報 Hot!みるく アスコット倶楽部 リンク集 サイトマップ
トップページHot!みるく>70号

Hot!みるく  
70号
目次
 ◆  農場案内
 ◆  花の海情報1
 ◆  花の海情報2
 ◆  船方農場 ざつーザツー雑学
 ◆  グリーンセミナーのご案内
 ◆  皆様の街までおじゃましていま〜す。
 ◆  交通アクセス

農場案内
ガラスハウス  (株)グリーンヒル・アトーは今年、21周年を迎えます。
 昭和62年設立以来、変わることのない炭火焼きバーベキューで営業して参りましたが、ご来場のお客様のご要望もあり、軽食と喫茶も始めました。ガラスハウス内に生芝を敷き、落ち着きのある、人に優しい場の提供としています。
 また、一昨年より環境の整備を進めております「バラとハーブのある場づくり」では、現在、バラ300株250種、ハーブ100種が揃っております。バラの見頃に合わせて、5月24日(土)〜6月8日(日)に(株)グリーンヒル・アトー主催の「バラフェア」を開催致します。期間中、毎日、先着50名の方に花苗をプレゼント致します。
 「バラフェア」では町内でご活躍の方々による「トールペイント展」「押し花展」「リース花展」等の展示会のご参加も予定しております。
 また、当フェアの5月24・25・26日と6月に入って21・22・23日の計6回、あとう観光協会による「あとう花めぐり 第2弾」が企画されており、潟Oリーンヒル・アトーではランチタイムが盛り込まれています。また、フラワーアレジメント教室によるテーブルフラワー作りの体験等阿東町の特色を活かした「花めぐり」が企画されております。募集人数は各日とも20名とのことで、詳しくはあとう観光協会にお問い合わせ下さい。
イメージ

ふれあい動物コーナー
2/12〜2/16の間に3頭の子ヤギが生まれたよ。
3頭のお母さんヤギが1頭ずつ赤ちゃんを産みました。
子ヤギは元気に成長しています。子ヤギたち、今年も人気を独り占め!!

 

 
◆年間イベント情報と徳佐八幡宮のさくらまつり情報◆
 
船方農場年間イベント
 5月3日〜5日;原っぱ祭り
 5月24日〜6月8日;バラフェア
 8月24日;ホルンフェスティバル
 11月16日;船方農場まつり
 4月〜11月第3日曜日
 午後1時〜30分間;乳搾り体験教室
徳佐八幡宮の“さくらまつり”情報
 県内屈指の名所と言われている徳佐八幡宮のしだれ桜
 しだれ桜・ソメイヨシノを合わせて360本
 開花は3月下旬〜4月中旬
 今年の桜祭りは4月6日(日)
 お問い合わせ;あとう観光協会
 でんわ 083-956-2526

花の海情報1
 花の海のイチゴ温室では今年もいちごが赤くジューシーに実ってシーズン真っ盛りとなっています。なかでも6品種のイチゴが食べ放題の花コースは様々な味のイチゴがあって食べ飽きずに長く楽しめるとご来場頂いた皆様に大好評いただいています。
 売店部門では「いちごどら焼き」「いちごういろう」「いちごクッキー」「いちごのプチタルト」「いちごサブレ」「いちごドレッシング」など、花の海のイチゴを使った商品が続々登場しています。ご来店の折りには、ぜひご利用ください。
 また、広いひろい花の海農場内の苗物生産温室では春の訪れを告げる春の花壇苗が所狭しと並んでいて、さながら「花の海」のようです。売店からはちょっと距離がありますが、是非見学してみてください。
 これらの花壇苗等は、もちろん売店の園芸コーナーでも販売しています。特に園芸コーナーで今一番人気商品となっているのはポットローズです。ちょっとしたバラの花束を思わせる色とりどりのバラの鉢植えが、農場直販びっくり価格で販売しています。ちょっとしたお世話で次々とつぼみを咲かせ、長く楽しめ、とても良いお買い物をした気分になれます。
 いちご狩りと春の花壇苗、色とりどりのポットローズ、春を先取りの花の海へのお越しをお待ちしております。

花の海情報2
 花の海の3カ年の施設整備も終わり昨年3月に、最後の生産施設のミニバラ温室が完成いたしました。
 ハウス1棟の面積で14,352uと広大であり、ハウス内は自動底面給水が出来るプールベンチ使用にしており、8.9uの栽培ベンチを1,012枚設置しております。また、このベンチがハウス内を自由に行き来できるムービングシステムも採用し、作業効率の向上が可能となっております。夜間も成長促進のためナトリウムランプで補光も出来る設備となっております。
 栽培品目はミニバラ?ではありますが、皆さんはミニで想像すると2〜3p程度の小さな花を想像されると思います。ところが花の海のミニバラは花が大きい大輪系の品種を栽培しており、鉢サイズも15p鉢(5号)を使っております。私たちはあえてミニバラと呼ばずポットローズと呼んでおります。
 この鉢バラの市場規模ですが、全国の市場流通量で約600万鉢流通していると言われております。量販店で一般的に販売されているのは6p〜10.5pと小さな鉢での販売が現状です。(10.5pが流通全体の7割)また、主な生産地は岐阜県・青森県であり、そのうち岐阜県で約400万鉢が流通しております。
 栽培される品種ですが、ほとんどが外国の品種で国内の主な農場が採用しているメーカーはデンマークのRoses Forever社(ローズフォーエバー)、同じくデンマークのPoulsenRoser社(ポールセンローズ)ドイツのkordes社(コルデス)の製品が量販店でよく見かけられます。
 花の海もデンマークのRoses Forever社の品種を採用し他社との差別化を先ほど述べた品種と鉢サイズで図っておりますがまだまだ悪戦苦闘の連続で日々勉強実践の毎日です。
 皆様にいち早く大輪で見応えのあるポットローズを安定的にお届けできるように、これからも頑張りますので、もし、お店でバラを見かけたら是非お手にとって見てください。


 土は植物の種類によって好みが異なるので、その都度、基礎用土や配合を変えて製造をしています。
 では、製造方法について簡単に説明します。
@ ピートモス、堆肥、真砂、パーライト等の資材を混ぜ合わせます。
A 酸度調整のため石灰を添加しますが、障害を起こさないようによく水に溶かしてから添加します。
B 土の組成を崩さないようにシャワーで土に水を打ち、水分状態が均一になるよう混ぜます。
C 病気予防や雑草の発生を抑えるために、土を低温蒸気消毒を行います。この時に注意をすることがいくつかあります。
(1)通気性の良い土であること
・悪いと蒸気温度が下がらず、蒸気圧力が上昇します。
(2)適量の水分を含んでいること
・判断の基準としては、土を手で握った時に塊が出来、 それを指で押すと崩れる程度が理想。また、乾燥した土では消毒出来ないし、逆に水分が多すぎると消毒時間が長くなります。
(3)土の粒がある程度揃っていて、特別大きな物が混ざっていない事。
・大きな土魂は内部まで消毒出来ないためです。
D 消毒した土に肥料を添加します。(消毒する前に添加すると肥料成分が流出してしまいます。)
E 肥料と消毒した土をむら無く均一に混ぜれば、培土の完成です。
 最後に、土をつくる前には植物の性質を調べ、その植物に合った土をつくると植物も良く育つと思います。なぜなら、植物に取って土は生命の源だから…。

手作り教室(要予約) 品 名 数 量 価 格(税込み) 備 考
シャーベットづくり(通年可能) お一人様/TD> \400 :5名様以上〜(5名様で約10分)
:最大100名(所要時間120分)
バターづくり(通年可能 お一人様/TD> \500 :2名様以上〜(2名様で約20分):最大100名(所要時間50分)
ソーセージ作り(お手軽教室/通年可能) お一人様 \1,000 5名様以上〜:最大150名(所要時間90分)
ソーセージ作り(本格スモーク教室/通年可能) お一人様 \1,300 5名様以上〜:最大150名(所要時間150分)
自然体験教室(要予約) 品 名 数 量 価 格(税込み) 備 考
乳しぼり(通年可能) 1グループ \16,000 最大200名(所要時間60分)
:牛の生活時間にあわせますので、
基本的に午後1時からです。
:準備可能な牛は1頭〜2頭です。
川遊び(可能期間8月〜10月) 1グループ \15,000 :50匹セット:最大100名(所要時間40分)
1匹 \400 :20匹以上からの受付


皆様の街までおじゃましています

「週1回・1本からお届けしています」

日曜日を除いた毎日、コースを決めてお客様の元へ牛乳の宅配にいっております。
コース担当者からの熱いメッセージ!!
 早いもので、私たちが皆様の街へお伺いを始めてから15年が経ちます。
 当初は、1台の車にて地元(阿東町)を走っておりましたが、農場に遊びに来られたお客様のご要望やご紹介により、土・日曜日を除いた、毎日、コースを決めて走っており、現在は、1週間で48コースとなっております。ちなみに土曜日は拡販日としています。
 独自の宅配コースを構築してお客様のもとへと走っておりますが、まだまだ、県内、くまなく、隅々までお届けできるまでには至っておりません。現在、お届けできていない地区は、東の岩国市と大島郡、西の下関市となっております。お隣の島根県津和野町と益田市にはお届けしております。
 当初は、牛乳を配達することが仕事と思っておりましたが、お客様との会話から、「牛乳しか積んでないの?」とか「他に何か持っているの?」等と聞かれ、お客様は色々な商品に興味をお持ちなのだなと、また、お客様との会話から“消費者ニーズ”なる物を教えて頂いていることに気付きました。
 私たち営業マンは、お客様は“船方農場の事は充分にご存知”と勝手な解釈をしておりましたが、商品の一つひとつをお知らせすることが、お客様とのコミュニケーションの始まりであること、それが販売に繋がるということがわかり、また、お客様の「船方さんの商品は安心して食べれるね。」の一言が、私たち営業マンの励みになっています。
 いろいろな経験を積み、現在は、農産加工品は勿論ですが、農場の生産物、姉妹会社(株)花の海の商品なども車に積んで皆様の街までおじゃましております。
   
お客様に育てて頂いた15年間とも言えます。
 “安心”と一緒に、今後も、船方農場の商品や情報を満載し、お届けしたく思います。お客様とのおつきあいを大切に、ご意見や情報を活かし、共に育んで行ければと思っております。
◆編集後記 ◆
「HOT!みるく」の発行も今回で70号になりました。農業・農村の情報や船方農場の情報誌として誕生した「HOT!みるく」、皆様の「牛」にまつわるお話をお聞かせ下さい。“お便り、お待ちしています。

船方農場グループ
〒759−1513
山口県阿武郡阿東町徳佐下1450−39
お問い合わせ先
  :TEL083−957−0710
  :TFAX083−957−0719
http://www.funakata.co.jp/




◆船方農場への交通アクセス◆
 JR徳佐駅より
  ・徒歩30分
  ・タクシー6分
 中国自動車道
  ・小郡ICよりR9経由60分
  ・鹿野ICよりR315経由45分



メール。お問い合わせはこちらまで   所在地:〒759-1513 山口県山口市阿東徳佐下11450-39 電話083-957-0369(代表) FAX083-957-0719
Copyright(C)2000-2003 MILK TOWN.inc. All Rights Reserved.