本文へ
船方農場
イベント あそぶ 食べる 農場マップ アクセス トップページ
企業情報 製品情報 Hot!みるく アスコット倶楽部 リンク集 サイトマップ
トップページHot!みるく>66号

Hot!みるく  
66号
目次
農場案内 園芸部
農場案内 グリーンヒル・アトー
船方農場 ざつ−ザツ−雑学
(株)花の海情報
食の安全
グリーンセミナーのご案内
アンケート集計
農業の多面的機能
皆様の街までおじゃましていま〜す。
秋のイベント情報
編集後記
船方農場への交通アクセス

10月の園芸ガラスハウスです

 朝夕の冷え込みも厳しくなり、今年も鮮やかな色彩で冬の室内を彩るシクラメンの季節がやってきました。
 (有)船方総合農場内の牛舎奥にあります園芸のガラスハウスでは、赤や白、ピンク、紫色など色とりどりの花を咲かせたシクラメンが出荷を控えております。
 昨年11月頃に種付けをし、大きい6寸鉢に仕上げるまで3回の鉢上げという作業をします。シクラメンは1年以上の月日をかけて育てます。
 船方農場では、12月の御歳暮などのギフトとしても人気の6寸鉢;1,400鉢、生産ハウスの大半を占めている5寸鉢;20,000鉢、小振りで可愛らしい3.5寸鉢のミニシクラメンは4,700鉢、コンテナガーデン等の需要にて戸外でも楽しんで頂けるガーデンシクラメンが15,000ポットと多種多様なシクラメンがございます。ガラスハウス5棟、ビニールパイプハウス2棟で生産しています。
 品種も花色が飛躍的明るい色のパステル系品種、成育が早く均一性に優れているF1系品種、大輪で豪華なハレーカイン(ピンク地に紫のストライプ柄)やビクトリア(白地に赤紫の覆輪のフリンジ咲き)など、人目を引く花色のパーシカム系と様々です。
 “百聞は一見にしかず”と言いますので、是非ご来場の折りには園芸ハウスまで足をお運び下さい。まだまだ未熟者のスタッフですが、皆様のお越しをお待ちしております。

鉢上げ作業とは、最初に種付けをした物から、苗の大きさに合わせて段階的に鉢を大きくしてゆく作業です。

◆シクラメンの上手な選び方
 ・株がしっかりしていること(病気がないことを確認)
 ・葉脈が鮮明でなおかつ、葉数が多いこと(葉っぱの数ほど花がつくから)など

◆シクラメンの上手な育て方
 ・花の置き場所は室内でも比較的寒いところでも大丈夫です。(カーテン越しの陽射しで大丈夫です。)
 ・水やりは表面の土が乾いているとき、植木鉢の縁から下に出る程度あげて下さい。
 ・肥料はひと月に1回固形肥料をあげて下さい。来年の春頃まで咲き続けます。

 モーッと!牛っと!山口県産牛の認証店になりました。
 山口県産牛肉販売協議会では、山口県で生産された牛肉を「山口県産牛肉」と統一表示し、PRと消費の拡大を図るため、県産牛肉を使用した特定料理を提供する「山口県産牛肉料理認証店」を認証しており、グリーンヒル・アトーは県内7店舗目に承認されました。
 

 【山口県産牛肉とは、県内で牛肉生産を目的に飼育された肉専用種などで、その品種は和牛(黒毛和種、無角和種)、交雑種、入用種、その他とし、繁殖・搾乳の用に供した牛は除く。山口県産牛肉は、その生産された牛の最終肥育地が県内で、飼養期間の1/2以上が県内で飼養されたもの。】と言う定義付けがあります。


 今年も順調に稲刈りを終了することが出来ました。水稲部の作業は、「全てがこの日の為に…」。そうです収穫の日のための作業と言っても過言ではありません。効率よく作業を進めるためには、各種農耕車を導入せざるを得ません。
そこで、今回は現代農業に欠かせない農業重機のいろいろをお知らせします。

主要農業機械:小型特殊自動車

 最高速度15q/h以下、機関総排気量1,500cc以下、
 車体長さ4.7m以下・幅1.7m以下・高さ2.0m以下のもの。
 

主要農業機械:大型特殊自動車
 小型の条件に1つでもはずれるもの。

農耕車種別

 ・トラクター(乗用)/その機関の動力を取り出し作業機を駆動。また、油圧装置により作業機を操作して多種多様な作業をこなす。耕起・代かき作業など。
  作業機:ライムソーワ、ブロードキャスター、種子プランター、ロータリー、モアコン、サイドレーキ、ジャイロレーキ・テッター、ロールベーラーなど。
 ・コンバイン(自脱型乗用4条・5条刈り)/稲の収穫作業をこなす。刈り取り部、脱穀部、走行部などから構成される。
 ・管理機(乗用)/ノズルを備えたアームから、除草剤や殺菌・害虫防除水和剤を効率的に散布する。水和剤タンクをはずし、直播き用田植機として も作業をこなす。
 ・田植機(乗用8条植え)/水稲稚苗を水田に移植する。
 ・マニアスプレッター(自走式)/堆肥を細断・破砕しながら均一に散布する。

施設:ライスセンター
  籾を乾燥・調整処理する設備を持つ。荷受け乾燥・籾すり・選別・計量・包装を一貫して行う。精米処理施設も備えている。


 花の海では、平成17年5月に第1期施設整備工事が完了し、翌6月より本格的な生産活動を開始して、ようやく1年半となりました。その間、交流施設、ブルーベリー施設等の第2期工事にも取り組み、年度内に無事完成しました。現在はミニバラ温室等の最終第3期工事が進行中です。平成19年の春からは、生産販売活動(経営活動)一本に集中して取組んでいくことになります。
 さて、近頃問い合わせが増えて参りました今期の『イチゴ』ですが、9月に苗の定植を終え、早い品種では10月下旬に花をつけました。12月上旬の収穫も現実味を帯びてきました。今年は「幸の香」「紅ほっぺ」の2品種に加え、「女峰」「アイベリー」「さがほのか」の3品種も栽培しており、バラエティーに富んだイチゴ狩りをお楽しみ頂けます。これから寒い時期に入りますが、温室の中はいつでもイチゴの春満開です。
 スタッフ一同皆様のご来場、ご利用を心よりお待ちしております。

お問い合わせ電話番号 0836-79-0130 (株)花の海:イチゴ課
 

 あまり公表したくないのですが、クレームについてお話しようと思います。加工場で製造される商品クレームで一番多いのは「牛乳がヨーグルト状に固まった」というものです。
 これは当社の牛乳は70℃20分間の低温殺菌で造ります。このことで風味や栄養分が損なわれず『船方の牛乳はおいしいねえー』となるのですが、低温殺菌ゆえ、病原性大腸菌など悪玉菌の殺菌だけで一部の乳酸菌など善玉菌は死滅させていません。ですから温度変化に対し非常にデリケートで、数十分放置しただけで固まってしまう場合があるのです。
 年間10件近くの問い合わせがあるのですから、その約10倍、100人くらいはその様な不快な思いをされた方がいらっしゃるかと思われます。
 みるくたうんの定期購入顧客数は約5,000件、その中の100件ですから50人に1人という計算になります。なぜこのような高い割合でクレームが発生するのか、その原因の一つとして日本人の食生活に起因するものがあると思われます。
 私が生まれたのは昭和41年、1966年ですからちょうど40年前です。この頃から日本の衣食住は急速な成長を遂げ、個人の生活スタイルが変化するにつれ、「食」も激変しました。保存性を重視した加工食品や高性能の冷蔵庫によって食品は腐りづらいもの(賞味期限の長い)として意識させられました。そして日本人はあらゆる生活の中で「無菌」、「抗菌」化しました。無菌充填、無菌包装や抗菌グッズ、最近では自分の排泄物を臭わなくする錠剤や消臭剤が若い人を中心に人気を集めているそうです。
 

 話が脱線しましたが要は私が言いたいのは、「牛乳は腐る」ということです。船方農場の牛乳は生肉や生魚、豆腐と同じ生鮮食品なのです。加工食品ではないのです。2〜3週間も腐らない牛乳って、よく考えたら私は逆に気持ち悪いと思うのですが…。あと、私もそうですが、冷蔵庫は魔法の箱くらいに思って、常温で温まってもとりあえず冷蔵庫に入れると、またいつでも飲めると勘違いしてませんか?賞味期限内であっても開封後はなるべく早く飲みきってください。これが一番おいしく牛乳を飲むコツです。
 今回は少々生意気なコメントを致しまして申し訳ありません。この事についてクレームを起こされましても自分を消してしまう錠剤は持ち合わせておりませんのでどうぞご勘弁を…これからも船方農場の牛乳をよろしくお願い致します。



手作り教室(要予約)

品 名
数 量
価格(税込み)
備   考
シャーベットづくり
(通年可能)
お一人様
¥400
・10名様以上から
・最大100名(所要時間120分)
バターづくり
(通年可能)
お一人様
¥500
・2名様以上から
・最大100名(所要時間50分)
ソーセージ作り
(お手軽教室/通年可能)
お一人様
¥1,000
・5名様以上から
・最大150名(所要時間90分)
ソーセージ作り
(本格スモーク教室/通年可能)
お一人様
¥1,300
・5名様以上から
・最大150名(所要時間120分)

自然体験教室(要予約)

品 名
数 量
価格(税込み)
備   考
乳  し  ぼ  り
(通年可能)
1グループ
¥16,000
・最大200名(所要時間60分)
・牛の生活時間にあわせますので、基本的に午後1時からです。
・準備可能な牛は1頭〜2頭です。
川    遊    び
(期間8月〜11月)
1グループ
¥15,000
・50匹セット
・最大100名(所要時間40分)
1匹
¥400
・20匹以上から

手作り教室・自然体験教室
予約お申し込み先
(株)みるくたうん(9:00〜17:00)
ご予約は:TEL083−957−0369 FAX 083−957−0609


 平成18年7月〜8月に場内にてアンケートを実施しました。今回は牛乳についてです。その集計の一部をお知らせします。アンケート内容は全10項目、ご住所・ご氏名・性別・年代に続いて以下の内容となっております。
1. 船方農場を何でお知りになりましたか。
  テレビ・ラジオ/新聞/ガイド本/新聞折込/看板/刊行物/船方職員/くちコミ/インターネット・その他
   アンケート回答者世代は20代から30代の方が85%を占めていました。若い世代の情報収集の方法はインターネット・くちコミ・ガイド本が多い様です。くちコミやガイド本と言うアナログ的な媒体とインターネットのハイテクなものがミックスされているようです。若い世代のアンケートへの参加は抵抗なく、イベント感覚でご記入頂いてる様です。
 
2. 今日はどなたとご来場でしょうか。
  家族/友達/会社関係/子供会/町内会/学校/恋人/その他
   アンケート実施時期が夏休みと言うこともあり、ご家族でのご来場が多いです。
 
3. 船方農場の好きなところは何ですか。場所や雰囲気何でも良いです。
   自然とふれあえる/ゆったりくつろげる雰囲気動物とふれあえる広い、のびのびできる新鮮な牛乳が飲めるソフトクリーム体験教室等となっております。とりわけ、「自然とふれあえる。動物とふれあえる。」と「ソフトクリーム」の回答が多かったです。
4. さて、あなたは牛乳がすきですか。
  好き/どちらでもない/あまり好きではない
   「牛乳普及」のコマーシャルを見かけます。船方農場にご来場の方々は牛乳好きの方が大半の様です。
 
5. 牛乳はいつもどこでお買いなりますか。
  スーパー小売商店牛乳屋さんの配達船方農場の宅配その他
   多種多様な牛乳が陳列されているスーパー、購入先としては圧倒的に多いです。船方農場の牛乳宅配は「週1回・1本からお届けしています。」のキャッチフレーズにて戸別訪問を展開しております。
 
6. 船方農場の牛乳を宅配していることはご存じですか。
  知っている/知らない
   知っている方−44%、知らない方−56%と、知らない方の中には県外の方もいらっしゃいました。
ご協力頂きました皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。

 記録的な少雨の今秋、幼稚園や小学校の社会見学で賑わいました。また、中学校や大学の農業実習の受け入れも実施。過日9月20日〜22日の3日間、今年で6回目を迎える、私立梅光学院大学の農業実習(自然参入実習)の受け入れをしました。参加人数は41名、うち男子学生9名、7つの実習課程を終了。2001年からの延べ参加人数は255名。
 受け入れ部署は、拒D方総合農場:園芸部・酪農部・果樹部、グリーンヒル・アトー(環境整備T)、みどりの風協同組合(環境整備U)の5部門、当農場には宿泊施設がない為宿舎は別所。以下はスケジュールです。

スケジュール

日 程
時 間
内    容
9月20日(水)
10:10
入所式
10:20
実習1/各班別(各部署の作業をローテーションします。)
園芸・酪農・果樹・環境整備T・環境整備U
12:50
昼食
14:00
実習2/班別作業
16:00
農場出発 宿舎へ(徳地少年自然の家)
9月21日(木)
9:20
実習3/班別作業
11:50
昼食
13:15
実習4/班別作業
16:00
農場出発 宿舎へ(徳地少年自然の家)
9月22日(金)
9:15
坂本代表講話
10:00
実習5/班別作業
12:30
昼食
13:30
実習6/全員乳搾り
14:15
実習7/全員ソーセージ作り
16:20
退所式
16:30
農場出発 帰路へ
     


  山口市宮野小学校1年生の120名の社会見学

農場内の見学路にあるロールの説明を聞いています。
この後、仔牛牛舎へ向かいました。
「仔牛は恐がりですので、静かに入って下さい。」と案内人。
「おい、シーッ、シーッって」
子どもたちの「シーッ」の声は大きいです。

中学校の農業体験学習の受け入れ

 阿東中学校の農業体験学習はことし9回目を迎えます。
 平成10年(1998年)からの述べ参加人数は257名。

◇今年のスケジュール◇
 日時:平成18年11月16日(木) AM8:30〜PM16:20まで
 実施中学校:阿東中学校1学年 31名
 引率教諭:末村健一先生、中山恵美子先生
 受け入れ部署:
 (有)船方総合農場/園芸・酪農・果樹、
 (株)みるくたうん/直売所、(株)グリーンヒル/ふれあい動物

 

平成17年度の体験学習


 「週1回・1本からお届けしています。」
のキャッチフレーズにて、日曜日を除いた毎日、コースを決めてお客様の元へ牛乳の宅配にいっております。担当者からの熱いメッセージ!!

《貴方の街へ、私がおじゃましています。県内拡販担当の有竹閲朗》
 現在、私の仕事は主に拡販をしております。
「どうして、船方農場の牛乳は美味しいの?」と多くのお客様の声を聞きます。
「搾りたてで、新鮮だから美味しいんです」とお答えしております。
 また、「船方農場の牛乳はなぜか安心なのよね。」と言われるお客様には、「牛の食べる牧草から生産しております。生産(搾ること)から加工(造ること)から流通(配達すること)まで一貫したシステムになっているからこそ安全で安心なのです。」とお答えしながら、ヤギやうさぎ等の農場内の話に進んでいきます。
 また、「船方農場の牛乳は子どもの頃に飲んだなつかしい味がするね。」、「毎週牛乳がくるのを楽しみに待っているよ。」と嬉しいお声を掛けられたり、笑顔に合ったときは、配達の仕事の充実感と配達という仕事の満足感を感じる日々です。
 今後とも船方農場の牛乳をよろしくお願い申し上げますと共に、ご近所の方々、牛乳のお好きな方をご紹介頂ければ大変幸せに思います。


《貴方の街へ、私がおじゃましています。重政 貞男》
 私は、今年入社をした新人です。旧徳山・防府・益田・小郡・萩と毎日、日替わりで走っております。
 最近お客様から、「牛乳が美味しくなった。」と言う声を聞きます。「農場の搾りたてで、新鮮な牛乳を新鮮なうちにそのまま詰めているから美味しいのです。」とお答えします。牛乳を作っている農場の人が言うには、季節により牛乳の風味も変わるそうです。 船方農場の牛乳は成分無調整なので、それぞれの季節の味を楽しむことが出来るのです。
「牛乳が美味しくなった。」と言う声は至極当たり前で、それだけ多くの人が知らないうちに自然を感じて(食して)いる訳です。牛乳は毎日搾っていますが、飲む人によってそれぞれ旬があり、知らないうちに感じていることは、実はすばらしい事なのです。
 牛乳を飲むという小さな日常から、切り口一つ違うだけで世界が広がり新たな発見が出来る、そう考えると同じ毎日が少し楽しくなります。

秋のイベント情報 ◆
  ・船方農場まつり:11月19日(日)
・イベント内容:仔牛の体重あて・新米つかみ取り・花つり(りんごつり)・乳搾りとイベント盛り沢山

編集後記 ◆
   “光陰 矢のごとし” 早いもので今年も残すところ2ヶ月を切りました。
“HOTみるく”の発行も第66号を重ねることになりました。(株)みるくたうん設立時に船方農場グループの情報誌として、主には、(株)みるくたうんの株主様向けに発行しておりました。
 現在は、株主様を始め、牛乳宅配のお客様、ギフト商品のお客様、場内アンケートやインターネットアンケートのご回答を頂いたお客様へ発行しております。発行部数も4,000部となっており、山口県内は勿論、東京、北海道等、日本全国へと情報ネットが広がっております。
 船方農場グループの出来事、牛のこと、米のこと、花のこと、牛乳のこと、また地域に伝わる民話のこと等々載せて参りました。まだまだお伝えしたい事がございます。100号・200号に向けて継続してゆきたいと思っております。みな様から「こんな事、載せたら、ど〜ぉ!」とご意見やご提案がございましたら、何なりとご連絡頂ければ、幸甚に存じます。吉永 ヒロ子

船方農場グループ
〒759−1513 山口県阿武郡阿東町徳佐下1450−39
お問い合わせ先:TEL08395−7−0710 FAX08395−7−0719
http://www.funakata.co.jp/

◆船方農場への交通アクセス◆
 JR徳佐駅より   ・徒歩30分   ・タクシー6分
 中国自動車道   ・小郡ICよりR9経由60分   ・鹿野ICよりR315経由45分

メール。お問い合わせはこちらまで   所在地:〒759-1513 山口県山口市阿東徳佐下11450-39 電話083-957-0369(代表)
Copyright(C)2000-2003 MILK TOWN.inc. All Rights Reserved.