本文へ
船方農場
イベント あそぶ 食べる 農場マップ アクセス トップページ
企業情報 製品情報 Hot!みるく アスコット倶楽部 リンク集 サイトマップ
トップページHot!みるく>64号

Hot!みるく  
64 号
目次
農場案内
船方農場の米生産のこだわり
アンケート集計
(株)花の海情報
食の安全…
船方農場 ざつ−ザツ−雑学
グリーンセミナーのご案内
年間イベント情報
交通アクセス

 農業の1次産業は【(有)船方総合農場】、加工製造業の2次産業は【(株)みるくたうん】、販売・交流のサービス業は3次産業【(株)グリーンヒル・アトー】、これら3事業を組織化した【みどりの風協同組合】。
 1次+2次+3次=6、1次×2次×3次=6、掛けても足しても6になることから、船方農場グループは農業の6次産業化を推進しています。
春の陽気が続いた今年1月中旬、雪が溶け牧草が元気な姿を見せました。遠くに中国山脈が望めます。

農場案内
(有)船方総合農場
 ●酪農…乳牛62頭、仔牛87頭、牧草地管理
 ●園芸…シクラメン、カーネーション、ベコニア、パンジー、ニチニチ草等
 ●水稲…うるち米(こしひかり)、酒米(山田錦)、もち米(まんげつもち)、みそ他
 ●肉牛…牛86頭
 ●堆肥…1袋30リットル入り
(株)みるくたうん
 ●加工製造…牛乳、珈琲牛乳
 ●肉製品…ロースハム、ベーコン、ウィンナー類、ソーセージ類他
 ●乳製品…ヨーグルト、アイスクリーム、チーズ(カマンベール・ゴーダ)、バター
 ●精肉…ヒレ、ロース、バーベキュー肉、スライス他
 ●販売…宅配地区−県下全域(現在岩国・下関地区は未配達)
 ●ギフト商品…全国(ヤマト便・佐川便・郵便局)
 ●外食等…レストラン、屋台村(オープンキッチンミルク)
 ●手作り教室…ソーセージ教室、バター教室、シャーベット教室
(株)グリーンヒル・アトー
 ●消費者交流…乳搾り、鮎つかみ、キャンプ場、森林散策
 ●果樹…りんご136本、ぶとう52本、さくらんぼ10本
 ●バーべキュー…並カルビ、船方カルビ、船方ロース、船方ステーキ他
 ●喫茶等…コーヒーセット他
地図お問い合わせ電話番号
 (有)船方総合農場/08395-6-0552
 (株)みるくたうん/083-957-0369
 (株)グリーンヒル・アトー/083-957-0808

船方農場の米生産のこだわり
(有)船方総合農場水稲部:村田
 阿東町、徳佐地区、昔、徳佐湖があったこの地は肥沃な大地であり、中国山脈から流れる伏流水と冷涼な気候で美味しいお米をつくるのに恵まれた土地です。

一年一作の米作り、私たちは、この米作りに、情熱を持って取り組んでいます。

お米生産のこだわり
1. 田んぼに船方農場の牛フンバーク堆肥を十分施し、腐植土に富む田んぼにし、田んぼに力をつけます。3%の腐植土を保つ為には田んぼ10アールあたり1トンの堆肥が必要になります。
2. 田んぼの土の力にこだわり、「丈夫な稲」からの米作りをします。
3. ご注文を頂いてから精米をします。味・風味等お米の美味しさを保ちます。
4. 美味しさを維持する為、季節によって精米の歩合を変えております。
5. 保管管理は低温管理。(13℃に保った冷蔵庫)

新しい取り組み
米ヌカ栽培について(モニタ−田にて4年前から取り組んでいます。)
田植え後の水を張った田んぼに米ヌカを散布し、米ヌカの膜をつくります。
酸素を取り除き還元状態にし、雑草の生育をとめます。
米ヌカはやがて分解されて肥料となります。
化学肥料の施肥回数減少と除草剤散布回数ゼロに向けての取り組み。
ただし、これには米ヌカ散布に多くの労力を要します。ただ今散布技術の改善に取り組んでおります。

米栽培に関する薬剤散布及び肥料施肥状況
項   目
回 数
時   期
堆肥施肥回数
年間1回
10月〜2月(主に年内)10アールあたり1.5トン施肥
化学肥料
年間2回
4月〜5月(元肥)
7月〜8月(穂肥)
山土微量よう素肥料
年間1回
6月〜7月
除草剤散布
年間2回
5月、6月上旬
害虫予防散布
年間1回
7月〜8月

ご飯があればそこそこ幸せ!

アンケート集計
 平成17年8月下旬から10月の末まで実施しましたお米のアンケートの集計です。ご協力頂きました方々にお礼を申します。ありがとうございました。平成18年は4月〜6月まで実施します。(集計の一部を掲載。)
1. 船方農場を何でお知りになりましたか。
  テレビ・ラジオ/新聞/ガイド本/新聞折込/看板/刊行物/船方職員/口コミ/インターネット・その他
  ・お客様の情報源は多岐にわたることがうかがえます。
・くちコミでのご来場が多いように思います。
 
グラフ

2. 船方農場の好きなところは何ですか。場所や雰囲気何でも良いです。
  ◎好きなところ
広い、気持ちがよい、野原がある、のんびりできる、乳製品やソフトクリームが美味しい、牛や山羊等の動物とのふれあいが主なものでした。
  また、“こんなもの、あると良いな”を教えてください。
  ◎あるといいな
子どもの遊具や体験教室を増やしてほしいとの要望が多かったです。

3. あなたの主食はなにですか。
  ご飯類/パン類/麺(うどんなど)類
  ・圧倒的に主食はご飯、生産者には嬉しい限りです。
 
グラフ

4. ご飯は好きですか。
  好き/どちらでもない/あまり好きではない
  ・100%の方が「ご飯」大好きでした。
 
グラフ

5. お米を選ぶのは銘柄ですか、価格ですか、お聞かせください。
  銘柄/価格/両方
  ・両方で選んでおられる方が多いです。
 
グラフ

6. お米の銘柄は何をお使いですか。
  コシヒカリ/あきたこまち/その他(銘柄   )
  ・銘柄ではコシヒカリがその他にはささにしき・晴るるが入っていました。
 
グラフ

7

お米はいつもどこでお買いなりますか。
  スーパー/お米屋さん/農家さんから直接/ ディスカウントショップ/その他/自作
  ・米(玄米・白米)販売の自由化に伴い、農家の方から直接購入される方が多い様です。
 
グラフ

株 花の海情報
資料/(株)花の海総務部:山角


 平成16年から推進してきました、(株)花の海開発事業は、16年度・17年度の2ヶ年が終わり、今年、平成18年度を残すところとなりました。
 現在までに生産の場として、野菜苗ハウスが6棟建ち並び、春に向けてのトマト、ナス、キュウリ等の接ぎ木野菜苗と、ペチュニア・ビオラ・切り花用の花壇苗物の生産、またミニバラづくりが始まっています。
 ハウス群を抜けた先の畑地では、露地野菜のキャベツの生産をしております。例年より雪の多かった今年、ここ山陽小野田市でも厳しい寒さを経験しました。慣れない寒さを乗りきり毎日の出荷に追われております。味の方は柔らかくて甘いと好評を頂いております。
 現在、交流・管理棟施設が建設中です。こちらは都市生活者と農業の交流の場づくり、又、地域農業と地域社会の活性化を目的としています。環境保全型農業の確立や新たな地域農業の担い手経営体の確立を目的とした農場づくりを目指します。交流施設では、花の海で生産した農産物の直売は勿論、法人間連携をしている船方農場の商品や木之内農園の商品も販売します。また、イベント等いろいろと楽しい場づくりにしたいと思っております。今春、3月中のオープンを目途に急ピッチで作業を進めております。
イチゴ園 また、イチゴハウス2棟では、「紅ほっぺ」と「さちのか」の二品種を生産、イチゴ狩りのお客様を受け入れています。
 高設2段ベンチで栽培している為、大人の方も子供の方も立ったままイチゴ狩りが楽しめ衛生的です。ユニバーサルデザインとして、イチゴベンチとイチゴベンチの間隔も広めの設計、車いすの方のご来場を可能にしております。
 オープンは、昨年の12月22日、開園当日は雪の大歓迎を受け、担当者はイチゴの生育に不安を募らせましたが、今年に入ってからの好天にて順調に熟れており担当者をほっとさせました。甘くておいしいとご来場のお客様よりうれしいお言葉を頂いております。イチゴ狩りのお客様に、品種を伝えますと、聞き慣れない品種に多くの方が「紅ほっぺ?」と言われます。
 「紅ほっぺ」は果実が大きく、甘味と酸味のバランスが良く、傷みにくく香りが高いのが特徴。まだ、栽培が始まったばかりで一般にはあまり出まわっていないので、(株)花の海では「紅ほっぺ」とロングランな人気の「さちのか」を選びました。ハウス栽培のイチゴは、12月から翌年5月までに3回花をつけます。この季節(2月)、2番花の実の収穫時期に入っています。イチゴ狩りの御来場をお待ちしています。

紅ほっぺ◆いちご狩り(食べ放題)情報◆

場所: 山陽小野田市埴生3229-1
期間: 平成18年5月下旬(イチゴがなくなり次第)
営業時間: 平日/9:30〜18:00(最終受付17:00)
土・日祝日/9:00〜18:00(最終受付17:00)
定休日: 木曜日(但し、祝日の場合営業をしています。)
入園料: 大人/1,400円、小学生/1,000円、幼児/500円、3歳以下/無料
15名様以上は団体割引があります。
オプション/プラス1,000円にて、お一人1箱の詰め放題のお持ち帰りが出来ます。
お問い合わせ電話/専用ダイヤル0836-79-0130【受付時間/9:00〜17:00】

紅ほっぺ
  静岡県農業試験場が、9年間という長い歳月を費やして開発した自信作、「紅ほっぺ」の父親は、コクと酸味のバランスが絶妙の「さちのか」、母親は高糖度・大玉果が特徴の「章姫(あきひめ)」。どちらも有名な苺を掛け合わせて生まれた新品種。

食の安全
資料/(株)みるくたうん精肉部:井上

 当社で販売している牛肉は、(有)船方総合農場の肉牛センターにて、和牛とホルスタインを交配させたもので、交雑種(F1牛)てす。肉質が優れているという和牛の特質と、成長が早くコストが安いと言うホルスタインの特徴を共有した牛で、約2年間育成させます。
 福岡県の解体・処理施設に牛を持って行き、解体・処理された枝肉を持ち帰り、販売をしています。一般的に牛の体重は、牛の個体によって異なりますが、1頭の重さは約650kg〜850kg、その中で私たちが供することが出来る肉の量は一頭約300kgです。その中でも一番需要の多いロース肉は1頭の牛からは約30kg〜多くて約35kg位しかありません。また、ヒレ肉は大体6kg〜7kgです。残りは、赤身の焼き肉用やスライス肉、カレーやシチュー用、また切り落とし肉となります。また、その他の臓物となります。
 処理施設から戻ってきた精肉は、冷蔵貯蔵をしており、お客様のご注文を頂いてからカットします。味の劣化を防ぐためです。また、生肉のため、衛生管理には常に気を配ります。
 (株)みるくたうんでは、丸ごと一頭主義として、需要の多いヒレ肉やロース肉の販売のみではなく、精肉処理時にでる切り落としも販売しております。(株)グリーンヒル・アトーのバーベキューは勿論、船方牛を使用しています。売店にて直売もしており、牛乳宅配のお客様にも牛乳と一緒に精肉もお届けしております。ご注文は(株)みるくたうん 電話083-957-0369まで。

船方農場 さつザツ雑学
資料/(有)船方総合農場総務部:西川

 船方農場の堆肥は下図の様に酪農と肉牛の畜産部からでる糞尿が堆肥化され各所にて施肥・利用されております。
 農場では約300頭の牛を飼養しており、この牛たちが出す糞尿は並大抵の量ではありません。1頭/1日20〜40kgの糞をします。大量の糞尿を適切にリサイクルして、自然に帰さなければ畜産公害の対象となります。牛の糞尿は産業廃棄物なのです。自然へのリサイクル方法こそ、家畜糞尿堆肥化の目的であり、家畜糞尿をそのまま牧草地や農地で使うことは、臭気や衛生的に無理が生じます。堆肥化つまり衛生対策を兼ねた発酵処理をすることで、土壌中の生物活動を促進する要素となるのです。微生物の働きにより、臭気物質など有機物を分解し、分解過程で発生する約70℃の高温により、病原菌、寄生虫や雑草の種子を死滅させ衛生効果もうまれます。こうして出来た堆肥は水分40%〜60%で臭気もなく、有害物質を含まない安全なものになり、作物の生育促進に効果のある堆肥になります。


グリーンセミナーのご案内

手作り教室(要予約)

品 名
数 量
価格(税込み)
備   考
シャーベットづくり
(通 年)
お一人様
¥400
・10名様以上から
・最大100名(所要時間120分)
バターづくり
(通 年)
お一人様
¥500
・2名様以上から
・最大100名(所要時間50分)
ソーセージ作り
(お手軽教室/通年)
お一人様
¥1,000
・5名様以上から
・最大150名(所要時間90分)
ソーセージ作り
(本格スモーク教室/通年)
お一人様
¥1,300
・5名様以上から
・最大150名(所要時間120分)

自然体験教室(要予約)

品 名
数 量
価格(税込み)
備   考
乳しぼり
(通 年)
1グループ
¥16,000
・最大200名(所要時間60分)
・牛の生活時間にあわせますので、基本的に午後1時からです。
・準備可能な牛は1頭〜2頭です。
川遊び
(期間4月〜11月)
1グループ
¥15,000
・50匹セット
・最大100名(所要時間40分)
1匹
¥400
・20匹以上から

手作り教室・自然体験教室
予約お申し込み先
(株)みるくたうん(9:00〜17:00)
予約ダイヤル:08395−7−0369 FAX 08395−7−0609

年間イベント情報

イベント名
開催時期
イベント内容など
原っぱまつり
5月3日・4日・5日
仔牛の体重あて、乳搾り、花つりスケッチ大会、草地一周ちびっ子マラソン等
ホルンフェスティバル 8月の下旬の日曜日 アルペンホルンの演奏、ホルンに挑戦、乳搾り等
船方農場まつり 11月の第3日曜日 仔牛の体重あて・新米つかみ取り花つり(りんごつり)、乳搾り等
乳搾り 4月〜11月の第3日曜日 乳搾り(雨天時は中止となります。)

◆皆様の街までおじゃましていま〜す。◆

牛乳配達 「週1回・1本からお届けしています。」のキャッチフレーズにて、日曜日を除いた毎日、コースを決めてお客様の元へ牛乳の宅配にいっております。現在、県の東部地域と下関市は未配達地域となっております。
 牛乳と一緒に、お米やお肉、乳製品のアイスクリームなど船方農場の農産品・農産加工品や地域の取扱品も一緒にお届けしています。
 また、“仔牛が生まれたよ。”“ヤギが大きくなったよ。”“徳佐八幡宮の桜が見頃だよ。”と農村の情報も一緒に乗せていきます。
 「週1回・1本から飲んでみようかな。」と思われる方、また、お友達やご親戚の方へのご紹介も受け付けております。
電話 083-957-0369(みるく)まで、よろしくお願いします。


船方農場グループ
〒759−1513 山口県阿武郡阿東町徳佐下1450−39
お問い合わせ先:TEL08395−7−0710 FAX08395−7−0719
http://www.funakata.co.jp/

マップ◆交通アクセス◆
 JR徳佐駅より
  徒歩30分
  タクシー6分
 中国自動車道
  小郡ICよりR9経由60分
  鹿野ICよりR315経由45分
メール。お問い合わせはこちらまで   所在地:〒759-1513 山口県山口市阿東徳佐下11450-39 電話083-957-0369(代表)
Copyright(C)2000-2003 MILK TOWN.inc. All Rights Reserved.