本文へ
船方農場
イベント あそぶ 食べる 農場マップ アクセス トップページ
企業情報 製品情報 Hot!みるく アスコット倶楽部 リンク集 サイトマップ
トップページHot!みるく>52号

Hot!みるく  
52 号
目次
「地産・地消」に思う
シクラメンの育て方
安売りハムの怖い話 (怖い話その1)
乳牛のなぜ&なに
船方農場から冬の贈り物
ちょっとひとこと・・・
Editor's Note

「地産・地消」に思う


9月11日午後10時、テレビでニューヨークの国際貿易センタービルが炎上する様子を見ながら「これはすごいことが起こった」と大きなショックを受けた。まさにSF映画を見ているような錯覚におちいった。これはテロ発生の実況であり、中国山脈の頂上にある我がふる里での現実でありました。
その前日、9月10日、我が国で「狂牛病」が発生とのニュースが流れた。私はこのニュースにはあまり驚きませんでした。
「やっぱり来たか」と思ったのです。何故かというと世界各国から農産物を60%(自給率)も輸入する世界最大の輸入国であることを、農業経営の厳しさを通して体感していたからです。
むしろ食の当事者である国民(消費者)が「人ごと」と思っていたのではないでしょうか。「安い」ことはいいことだと、今日も膨大な農産物が世界各地から我が国に押し寄せています。国際化社会とは「良い物も悪い者も」入ってくるということを我々は認識すべき時代が来たのではないでしょうか。従って、より安い物を手に入れようと規制緩和を選んだこの社会に対応するためには、国民も企業も行政も「自己責任」による「自己管理能力」と「自己防衛能力」の向上が求められる時代が来たと思うのです。
従って、このグローバルな時代において、力強い地域社会をつくるためには、「国益」という総体的視点に立って物事に対応することが重要ではないでしょうか。輸入農産物が50円安い、100円安いと消費者は「儲かった、儲かった」と思っていたら、気がつくとご主人の給与は下がり、仕事が無くなり、狂牛病までやってきた。これが我が国の現状ではないでしょうか。人間として生まれ、仕事の無いほど寂しいものはないと思います。良し悪しは問わず、老若男女に仕事があり、この社会に役割を果たすことができること、それが幸せではないでしょうか。
我田引水ではありますが、私ども船方農場グループの農産物は高いと思われるかもしれませんが、ご愛顧いただくことによって、そのお金が色々の形で地域社会に流れるのではないでしょうか。この積み重ねが、地域を活性化させ仕事をつくっていくのではないかと思います。ようは「地産・地消」を大切にしなくてはならないのではないでしょうか。
他界した母に私が子供の頃よく言い聞かされた説教の一説である「楽は苦の種・苦は楽の種」を思い噛みしめる今日この頃です。
船方農場グループの農産物をご愛顧くださっている皆様に心から感謝し、お礼を申し上げます。

[船方農場グループ代表:坂本多旦]

シクラメンの育て方


◆ 置き場所
日当たりの良い窓辺に置きます。冬の間は、なるべく明るい場所に置くのがポイントです。
寒さには強く、暑さには弱い鉢花です。15℃前後が生育適温で、0℃までなら耐えられます。(霜にはあてないで下さい!)25℃以上になると花持ちも悪くなり、病気に犯されやすくなります。(ストーブの近くには置かないで下さい。)
l 水やり
水は鉢土が乾いてからたっぷり与えます。室内であれば、3日〜4日に1度くらいが目安です。また、花や葉に水をかけると、病気が発生しやすくなるので、できるだけ水は鉢土に直接注いで下さい。水は上からやって、外鉢にたまった水はすてて下さい。
l◆ 肥料
固形肥料を1ヶ月に1個与えて下さい。肥料が不足すると、花が小さくなり、数も減ってきます。
反面、肥料が効きすぎると、新葉の色が濃く、大きくなります。限度を越えると病気に犯されやすい、軟弱な株になります。
◆ 花がら、枯れ葉の整理
痛んだ花や葉をそのままにしておくと、灰色カビ発生の原因にもなりますので、こまめに整理します。根元からねじるようにして引き抜きます。取った後から、病原菌が入りやすいので、前後の水やりはさけて下さい

[船方農場園芸部:前島]

安売りハムの怖い話 (怖い話その1)


私は以前、某ハム・ソーセージ会社の製造工場に勤務していた経験があり、その会社を辞める動機にもなったウラ話をご紹介しましょう。
現在、スーパーなどで安く販売されているハムは、そのほとんどが輸入した原料肉を使用しています。それが安全なものであればいいのですが、問題はその作り方です。解凍した原料肉は、ピックルインジェクターという機械で液体を人為的に注射します。何百本という注射針の先から謎の液体が勢いよく噴射されます。みるみるうちに肉塊はパンパンに膨れ上がります。
この謎の液体の正体は、乳タンパク、大豆タンパク、卵タンパク、グルテンといった異種タンパクを多量に含み、カゼインナトリウムなどの結着補強剤、乳化剤、安定剤といった添加物を溶かしこんだ、いわばコストを下げるためのウラ技が仕組まれているのです。
この液体の添加物を調合するとき、担当者はマスクを装着します。そのマスクもあのテロ事件以来よく見かける防毒マスクの様なすごいやつです。いかに体に良くないものか、おわかりだと思います。そのパンパンに膨れた肉塊を加熱すると、異種タンパクも凝固します。肉50%異種タンパク50%の安いハムのでき上がりです。
自分の作りたいハムは、このようなハムではない。消費者を騙すようなニセハムはもうまっぴらだ!!という事で辞めてしまいました。
そんな折、船方農場との縁があり、今、まさに自分の目指したハムができ上がりました。「船方農場のロースハム」は、仕込みから出荷まで10日間を要します。液体注射なんかしませんので、ゆっくり時間をかけて熟成させます。独特な香りと風味を引き出すために、ある香辛料をある方法で肉にしみ込ませます。(企業秘密が多くてごめんなさい。)燻煙にも気を使います。山桜のチップで約3時間ゆっくりと燻していきます。できあがった製品は、我々のハム作りに対する情熱を感じとっていただけるものと自負しております。
今回の御歳暮ギフトは、ロースハムを主としたアイテムを組んでおります。是非、ご賞味あれ。

[みるくたうん加工場:35才匿名希望]


乳牛のなぜ&なに


夏の間、暑くて少々ばて気味だった牛たちもやっと元気にエサをもりもり食べ始めました。これからが牛乳のおいしい季節です。この味の違いがわかれば皆さんも牛乳通? 今回も皆さんの「なぜ?」にお答えします。
Q:牛は赤い色を嫌うのですか?
(赤い服を着た女性からよく質問されます。)
A: 牛は視力が弱く、また色の違いもわからないそうです。闘牛で布に突っ込むのは目の前で見えないものが動くのでいらいらするためです。
Q: 牛は何年生きるのですか?
A: 長くて20年くらいです。約2年で大人になるので成長も早いです。船方農場で一番長生きは13才で、近々11頭目の出産を予定。平均年齢は5.5才です。

Q: 牛は皆、同じに見えるのですが、それぞれ違うのですか? どこで区別するのですか?
A: 牛にもそれぞれ性格があります。母牛と比べてみてもおもしろいです。また、見た目にも白黒の模様が全頭違いますし、おっぱいの形もそれぞれです。ただ、わかりやすいように耳に番号の書かれた札を付けています。名札のようなものです。決しておしゃれでしているピアスではありません。

[船方農場酪農部:椎木]

船方農場から冬の贈り物


「安全宣言!!」と発表されても、牛に関わるマイナスイメージは完全には払拭されていない様です。我々が定期宅配している牛乳も、もともと「乳製品に狂牛病の影響はない」とされているにも関わらず、ごく少数とはいえ解約されたお客様もおられます。また、11月に入り気候も急に冷え込み、お客様の消費量が減る分、宅配本数が僅かに減少しております。それは他の乳業メーカー、販売所にも同じ事が言えるようで、顧客維持、シェア拡大のための競争は、厳しさを増しています。我々の乳配車を1日追いかけて回る業者もいれば、段ボール箱一杯の試飲サンプルを置いて帰る業者もいたり、「あそこの牛乳はまずいでしょう。」と捨てぜりふを吐いて帰る業者もいるようで…
しかし、当方の顧客件数自体は増加しており、牛乳宅配をしながらの販売営業、土・日曜を利用した個人宅への戸別訪問の成果は現れています。この状況、競争は、当社営業マンのレベルを押し上げるための試練、絶好のチャンスであり、今後、更なる成果を上げ得るものと期待は膨らみます。
さて、今年も残すところ1ヶ月と少々。歳末恒例のギフト商戦に突入しました。農場園芸部が昼夜を問わず手塩にかけ、花を咲かせたシクラメンは、ここ数年で最高のできばえ! 当方が誇る実力派のハム職人、アイスクリーム職人が腕を振るい、その美味しさに「感動したっ!!」とお客様から絶賛のギフトセットは、高級志向からお手頃感まで、バリエーションも豊富、幅広くご利用いただけます。
失業率、戦争、e.t.c.、暗い話題が踊る今、「美味しい幸せ」をお届けする当社のギフトセット。どうぞご利用下さい。

[みるくたうん営業部:豊田]

ちょっとひとこと・・・


渋柿を甘くする方法

1. ビニール袋に渋柿10kgと柿から離してドライアイス250gを入れる。
2. ビニール袋の空気を抜いて密封する。
3. ドライアイスを砕いて約5日間おく。
ビニール袋の中に二酸化炭素が充満し、渋柿が化学変化をおこして甘くなります。


売店のおしゃべり

株主の特典でお米をもらったというお客様が売店に来られました。
「おいしかったから買いに来たよ。」
こういう一言がとてもはげみになります。


HOT!みるく10月号を発行したばかりで、11月号を出すのは、御歳暮のパンフレットをお届けの際に社員の声もお届けしたかったからです。船方の社員はみんな、いいものを作ろうとがんばっていますので、これからも応援をお願いします。次回のHOT!みるくは2月に発行する予定です。少し早い挨拶ですが、良いお年をお迎え下さい。来年もよろしくお願いいたします。

[グリーンヒルATO:及川]

HOT!みるく No.52
2001年11月16日発行

発行:みどりの風協同組合 / 編集:(株)グリーンヒル・アトー
〒759-1513 山口県阿武郡阿東町徳佐下11450-39 船方農場内
TEL:08395(7)0710
メール。お問い合わせはこちらまで   所在地:〒759-1513 山口県山口市阿東徳佐下11450-39 電話083-957-0369(代表)
Copyright(C)2000-2003 MILK TOWN.inc. All Rights Reserved.