本文へ
船方農場
イベント あそぶ 食べる 農場マップ アクセス トップページ
企業情報 製品情報 Hot!みるく アスコット倶楽部 リンク集 サイトマップ
トップページHot!みるく>100号

Hot!みるく  
100号
目次
 ◆  船方農場グループ活動拠点
 ◆  年間イベントのお知らせ
 ◆  農場創立五十周年を迎え
 ◆  酪農部便り
 ◆  入社して一年が経ちます
 ◆  ようこそ渇ヤの海へ(タイ研修生の感想)
 ◆  (株)グリーンヒル・アトー新事業について
 ◆  交通アクセス等
 

船方農場グループ活動拠点


お知らせコーナー

船方農場 創立50周年を迎えます

 (有)船方総合農場創立50周年を迎えるにあたり、船方農場グループとの係わりの深いこの方に、インタビュー形式でお聞きしました。吉岡 永裕(よしおか のりひろ)さんです。

@ (有)船方総合農場とのかかわりの始まりと現在までの経緯をお願いします。

 

●高校卒業後、旧国鉄 (現在のJR)に入社。
 昭和49年に、当時の(有)船方総合農場社長坂本多旦氏の「農業基盤のない人でも農業ができる」
 「農業・農村を守ろう」という理念に賛同。長男ということもあり、地元に戻ってきました。
●(有)船方総合農場から(株)みるくたうんの社長になられて、特に取り組まれたこと等は・・・

 ★ (有)船方総合農場では・・・・

  • すべての仕事に取り組まなければいけなかった。経理・総務・事業関係・土方・大工・草刈・搾乳等々です。
    農業全般、創意工夫をして取り組まざるを得なかった。
  • 事業に関しては、前任者が退職し、引き受けざるを得なかった。
  • 当時の坂本多旦社長が言われる言葉に、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」その言葉に押されて、分からないことは人に聞き、仕事を進めていくことができました。

 ★(株)みるくたうんでは・・・・

  • (株)みるくたうんは食品製造業と販売・宅配業を営んでおり、(有)船方総合農場の生産とは異なり、食品の衛生管理に注意を払いました。手洗い・服装はもとより、器具の洗浄・工場内の清掃等など、最終消費者のお客様を相手にするという意識を、社員一人一人に注意喚起していきました。
  • 宅配事業をしていますので、社員の交通安全への取り組み、交通安全のモラルの徹底に気を配りました。
  • お客様のクレームや苦情を「お客様の声」とし、素早い対応を心がけることし、「お客様の声」を真摯に受けとめ、社員間で共有し意識を高めることとしました。

●現在は・・・・・
 ★みどりの風協同組合にて、建物や施設の管理、修理修繕・補修と今まで培ってきた経理・総務・庶務的なことを含め、全般的に目配りをしております。

A 一番思い出深いことは・・・・・・
 農業に携わり、事務、経理をし、また、事業をして、次の新しいことに取り組んでいけたということ。
 事務職だけに終わったのではなく、いろんなことにチャレンジをしてきたことかな。
 農業は長いスパンで考えねばならない、一般の産業とは異なる点が面白かった。

B 農業に就業してこられる若い方々にアドバイスを、また、
   その、継続の秘訣を・・・
 農業は長い目で取り組まなければいけない。辛抱して続けていくことが大事。
 まず、夢を持つこと。夢があるから努力をする。努力をすると感動がある。
 感動するとまた続く。

C これからは何をなさりたいですか。 
 現在は「無の境地」「無」ということは気持ちが楽になります。


船方農場グループ設立のあゆみ

酪農部だより (有)船方総合農場酪農部 坂本雄也
 ホルスタイン牛は人間よりも寒さに強い……。
 こうした話を皆さんも耳した事があるのではないでしょうか。ホルスタイン牛の適温域は約5・20度前後だと言われています。ちなみに乳牛の平均体温は38.8度前後です。なので体温と気温の差が大きい牛の方が寒く感じるのではないかと思ってしまいます。
 ではどうして人よりも寒さに強いのか、その大きな理由はルーメン(牛の第1胃)にあると言われています。ルーメンはとても大きい胃袋で、親牛ではなんと200リットル、例えるならドラム缶1本分近くの容量があります。また、食べたものを微生物の力で発酵させている発酵タンクでもあり、このお腹の中でおきている発酵熱が実は大きな湯たんぽのような役割を担っているます。なので牛は人よりも寒さに強いと言われており、逆に、この湯たんぽを暑い夏に抱えていたら……。これが逆に牛が暑さに弱い理由のひとつでもあります。
 それなら冬は暖かくて安心。と、思われがちですが実はそうもいきません。この時期になると牛も人間と同じで風邪を引きます。熱が出たり、コンコンと咳をしたり鼻水を垂らしたり。また、子牛は先ほど話したルーメンがまだじゅうぶんに発達していないため寒さにとても弱く免疫力も低下し風邪を引きやすくなります。なので冬場の飼養環境にはじゅうぶんに気を使わなければいけません。
 船方農場でも子牛専用のヒーターはもちろん、それ以外にもカーフジャケットと呼ばれる防寒着や私たちも良く使用するネックウォーマーなど装着し、今年も冬の寒さをしのいでもらいました。今のところ病気もなくみんなすくすくと成長しています。
 また、1月よりタイから研修生の受け入れを開始しました。
 聞くとタイの年間平均気温は約29℃で1年中、日本の7、8月並みに暖かいらしく、こちらのあまりの寒さに驚いていました。
 雪も初めて目にしたそうなのでとても喜んでいました。
 今ではもう寒さにもそして牛にもだいぶ慣れ、毎日の作業を一生懸命こなしてくれています。
 雪解けの季節を迎えましたが、みなさんも体調を崩されないよう春をお迎えください。

入社して1年が経ちます
 (株)花の海 苗物課 田村 悠です。
 (株)花の海に入社してもうすぐ1年を迎えます。売店やレストラン、いちご狩りのハウスも大勢の観光客や家族連れで賑わっています。
 私は、園芸部苗物課に所属しプラグ棟と雨よけハウスを担当しています。プラグ棟では、主にキュウリやトマトの穂木と台木育苗、養生・順化、後期育苗・花苗の育苗に携わっています。雨よけハウスでは、葉菜類の発芽後から、出荷までの管理をしています。入社した当時は、ベテランの作業員の方には簡単にできる工程も自分でやってみるととても難しいものでした。効率的に工夫をしながら作業を進めることを日々勉強しています。
 入社して1年、4月には次の新入社員が入ってきます。今年の目標は、ハウスを1年間通して管理する事とさし芽の生産管理について学んでいきたいです。
花苗の摘心→調整→さし芽→養生管理・矮化剤散布の一通りの流れは少しずつ分かってきたので、より精度を高めていきたいと思います。これからは、作業の一つ一つを深く理解し誰に聞かれても分かりやすく伝えられるよう頑張りたいです。


 (株)花の海 苗物部苗物課 高木かなです。
 入社して1年が経ちます。入社したころは、その日の自分の動きも先輩に伺っては与えられた作業をこなそうとするばかりで、その日の自分の作業しか考えておりませんでした。最近では、自分で必要だと思う作業をしたりパートさんの作業の段取りをしたりと、翌日以降のことやパートさんのことも少し考えられるようになってきたように思います。
 しかし、まだまだ無駄な動きが多く、就業時間が過ぎてからバタバタと作業をする日があります。日中にもう少しこう動いていたらな、これは人に任せてよかったな、と反省することが多いです。やるべきことの優先順位を決める、任せられる作業は人に任せるということを意識していきたいです。
 また、どうも学生気分が抜けていないところがあります。
 先輩がいるから、という甘えた考えがあるようです。その先輩も今年の春から産休に入られることになり、先輩なしでハウスを担当することになります。責任感をもち、パートさんや他棟の先輩社員とコミュニケーションを取ってハウスをまわしていきたいと思います。2年目も頑張って参ります。どうぞよろしくお願い致します。
 

 (株)みるくたうん営業部 瀧本智博です。入社して一年半が過ぎました。
 振り返りますと、この一年は、今までのどの一年よりも、多くのことを考えた一年であった様に感じます。
 自分の一つひとつの行動に責任があることを意識し、行動に移すことを徹底しました。
その中で、判断に迷うことも多々ありましたが、その度に先輩方にアドバイスをいただいたり、自分で試行錯誤することで、一つ一つ解決してきました。
 自分はまだ、成長過程であることを「自覚し」、よく「考える」、分からないことはすぐに「聞く」を徹底していきたいと思います。
 お客様には、いつも配達時、笑顔で迎えて頂いたり、私の体調を気遣って頂きありがとうございます。
 ご迷惑をおかけすることも多々あると思いますが、今後ともよろしくお願いします。


 (株)みるくたうん営業部 浜西正之です。 昨年入社し、あっと言う間に2年目を迎えました。
 入社当時は、先輩の元で分からないこと等を教えてもらい、沢山のアドバイスを頂き、無事に引き継ぎを完了することができました。  
 始めのころは、ぎこちなかったお客様との会話も、今では時間に余裕が出来、顔を合わせてお話をさせていただける様になれたと思います。
 まだまだ未熟で至らぬところもあると思いますが、お客様から、いただいたご注文の商品は丁寧にご迷惑にならないよう、お届けできるように努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いします。

 

ようこそ!(株)花の海へ・第2弾

○カンヤー
 私はアーモン・カンヤーです。
 ニックネームは、クリムです。

 1994年9月5日生まれです。趣味は色々な写真を撮ったり、縫い物をしたりすることです。あと、会社の旅行でたくさんの所に遊びにいくのが楽しかったです。
 日本では、仕事が楽しく優しいみなさんと一緒に仕事ができて毎日が楽しいです。日本に来て驚いたことは物価が高いので、買い物のときにお金がたくさん必要です。料理の味も濃い味に慣れているので、かなり薄く感じます。でも日本料理は好きです。
 タイと比べて、日本の街は綺麗で驚きました。ゴミの分別も細かいので、街を大切にしていると思います。
 農業に関する生産技術も高く、日々の仕事がとても勉強になります。



○ティラウット
 私の名前は、ギニシ・ティラウットです。ニックネームはアットです。 1997年2月4日生まれです。趣味は、旅行へ行くことです。社員旅行に連れて行ってくれてとても楽しかったです。家にいるときは音楽を聴いています。
 日本で生活していて楽しいことは、お店がたくさんあるので買い物が楽しいです。特に、靴や時計をみるのが好きで、色々な靴を集めるのが楽しいです。辛いことは、日本語が難しかったのもあり、会話や仕事が慣れるまで大変でした。
 日本に来てかんじたことは、ゴミの分別がしっかりしているところです。細かすぎるほどに分別していてびっくりしました。よろしくお願いします。

 

○ギッティチャイ
 私の名前は、セーソン・ギッティチャイです。
 ニックネームはレンです

 1997年3月23日生まれです。趣味は釣りです。埴生の海でもたくさんの魚を釣ることができます。うなぎも釣れます。タイでも食べていたので、おいしく食べています。
 日本に来て楽しいことは、毎日の仕事がとても充実しています。ハウスの中での作業で体がきつくなる時もありますが、みんなで楽しく仕事ができています。生活では買い物したり、遊びに出かけたりととても便利なところです。大変だったことは、会話です。仕事の会話では農業のことなので、すぐに慣れてきましたが、日常生活の会話はわからないことも多く苦労しました。
 日本に来て変だとかんじたことは、タイ料理は味も濃く辛い物が多いです。
 日本料理は薄い味ですが、美味しいものが多くてとても満足しています。
 よろしくお願いします。



○ウィライ
 私の名前は、セータティ・ウィライです。
 ニックネームはピンです。

 1991年1月1日生まれです。趣味は、音楽を聴くこと、絵を描くこと、旅行に行くことです。日記をつけることもしています。休みの日には、野菜の苗を植えて栽培しています。
 日本で生活していて楽しいことは、職場の皆さんがよくしてくれ、楽しくおしゃべりできることです。長崎、角島、島根など社員旅行もいっしょに行けて、旅行好きの私には嬉しいです。辛いことは、始めは仕事における日本語がわからない時があり、不安な気持ちになることが多かったです。今は日本語も覚えてきて仕事が楽しいです。
 日本に来て不思議に思ったことは、自転車の二人乗りができないことで、タイに比べて厳しいなとかんじました。
 それと、日本の会社では朝や帰りにみんなが挨拶しているので、明るい雰囲気だなと思いました。
 これからもよろしくお願いします。
 

○タッチャポン
 私の名前は、チャノックブン・タッチャポンです。
 ニックネームはナットです。
1992年12月1日生まれです。趣味は、サッカーをすることです。
 日本にいて楽しいことは、みなさん優しいところです。仕事もですが、みなさんよくしてくださるのでとてもありがたいです。そして、街が便利なところが生活していて楽しいです。駅が近くて電車で遊びに行け、買い物するところもたくさんあります。大変なことは、最初は仕事や生活など、タイとの文化の違いになれるのが苦労しました。みなさん優しくしてくれるので、感謝しています。
 タイと比べて不思議なことは、街が静かなところです。タイでは、街で音楽が鳴っていたり、歌っている人がいたり、にぎやかです。日本は夜がとても静かです。よろしくお願いします。



○スチャリニー
 私の名前はピンチャイキオー・スチャリニーです。
 ニックネームはベンです。
1992年6月18日生まれです。趣味は、本を読んだり、音楽を聴いたり、インターネットをしたりすることです。
 日本にきてから、仕事が楽しく、職場の皆さんが優しく楽しい毎日を送ることができています。ありがとうございます。大変なところは、出費が多く、税金が高いところです。節約していかないといけません。
 日本は、タイよりも交通が便利で、農業やほかの分野でも技術力がとても高いところが驚きました。よろしくお願いします。

 

(株)グリーンヒル・アトー新事業について (株)グリーンヒル・アトー 坂本夏実

 この度、グリーンヒル・アトーでは新事業として新山口駅北口広場に「Cafe&Bar PLAT FARM」3月22日オープン致します。

  昨年の2月に公募型プロポーザルにて出店権を獲得してからというもの、あっという間に1年が過ぎました。
 短い準備期間だっただけに不安もありますが、今はとてもワクワクしています。
 なんとかオープンまでに漕ぎ着けたのも多くの方のご協力あってのことだと日々感じています。本当にありがとうございます。
 はじめにPLAT FARMの名前の由来を説明させて下さい。
 駅構内という立地を意識した乗降場のプラットフォームと「ぷらっと気軽に行ける農場」から発想したネーミングで、地域や人々の新たな交流の基盤・ベースとしてのプラットフォームになりたいという願いを込めています。
 目指しているのは「自然の味わいで街をひらき、農と食をつなぐカフェ」、山口の玄関でもある新山口駅この交流拠点にあるカフェとして山口の魅力を発信していきたい、若い世代にも地元の良さを理解してもらう機会をつくりたい多くの方の願いをもとに、このカフェは成り立っています。
 農場に足を運ばなくてもぜひ味わってほしい自慢の商品をメインに、山口県産の純な美味しさにこだわり、農業への関心や自社や地元の良さを生産者に代わり、アピールする情報発信の場としての役割にもなりたいと考えています。
 そこで、一番伝えたい自然の素晴らしさをどのように表現すればよいのだろうと考えたとき、自然=季節感だと思いました。
 そこで季節感をテーマに、フルーツを使ったメニューや店内装飾の植物などでお客様の五感を刺激しようと決めました。
 PLAT FARMの営業時間は朝9時より夜10時までです。
 カフェタイムには女性をターゲットに絞り、農場の脂肪分の高い牛乳であることや、低温殺菌特徴を生かした、ラテやミルクティー、花の海のいちごをふんだんに使い、人気のヨーグルトとコラボさせたフレッシュいちごのヨーグルトドリンク、また季節によってフルーツの変わるジェラートパフェなど、小さなお子様にも安心で安全なフレッシュな美味しさと、忙しい毎日から少しでもホッとしていただく、癒しの空間の提供としてカフェを利用して頂ければと思っています。
 夕方、17:00からのバルタイムには通勤や出張などで駅を利用されるお仕事帰りの方をターゲットにラフに入れるBarのような雰囲気で待ち合わせやちょっとした打ち合わせとしてもご利用して頂きたいです。
 そのためメニューも素材や視覚にこだわったものを、少しだけというフィンガーフードという形での提供、ここでしか食べられないチーズ盛り合わせや、豪華なステーキなどカフェタイムとは店内も雰囲気をがらっと変えて営業します。
 お店の前のウッドデッキを活用し、気軽に集まれるような出会いの場、社交の場として少しでも多くの方に足をとめてもらいそこからつながりの生まれるようなお手伝いができればと思っています。
 もちろんこれからの日々、駅という空間の中でお客様のニーズに答えられるよう勉強していかなければと思います。
 多くの人の願い・思いと一丸となってPLAT FARMの誕生とともに成長していきます。
 どうか、応援よろしくお願いいたします。

  

坂本夏実です。
ご来店お待ちして
います。
プラットファームイメージ写真


船方農場への交通アクセス他
メール。お問い合わせはこちらまで   所在地:〒759-1513 山口県山口市阿東徳佐下11450-39 電話083-957-0369(代表) FAX083-957-0719
Copyright(C)2000-2003 MILK TOWN.inc. All Rights Reserved.